本来の表記は「何婧英」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

何 婧英(か せいえい、生没年不詳)は、南朝斉蕭昭業皇后、鬱林王妃。本貫廬江郡灊県

何皇后
在位 永明11年10月25日 - 隆昌元年7月22日
493年11月19日 - 494年9月7日

全名 何婧英
配偶者 廃帝鬱林王
父親 何戢
母親 宋氏(余杭広昌郷君)
テンプレートを表示

経歴編集

撫軍将軍何戢と側室の宋氏(余杭広昌郷君)のあいだの娘として生まれた。永明2年(484年)、蕭昭業にとついで南郡王妃となった。永明11年(493年)、皇太孫妃となった。蕭昭業が即位すると、皇后に立てられた。後宮にあって蕭昭業の側近の楊珉之と姦通し、寝所をともにして夫婦のようであった。楊珉之は蕭昭業とも関係を持っていたため、蕭昭業は婧英と楊珉之との関係を好きに任せていた。婧英の親族が宮中に入ると、ひとりあたり百数十万の賞賜を受けた。また婧英の親族は武帝の耀霊殿を占拠した。蕭昭業が廃位されると、婧英は鬱林王妃に降格された。

伝記資料編集