何紹基

1799-1873, 清の詩人、学者、能書家

何 紹基(か しょうき、He Shaoji1799年 - 1873年)。字は子貞、号は東洲、晩号は蝯叟詩人学者能書家

何紹基

湖南省道州出身。父の何凌漢は戸部尚書を務めた。若い時に阮元程恩沢の門下生となった。1836年進士となり、翰林院編修や文淵閣校理などの職を歴任した。1852年に四川学政となったが誹謗を受けて解任された。その後は済南長沙書院で主講を務めた。諸書を収集し、特に『小学』に通暁していた。書では顔真卿を基礎として篆書隷書の風格を併せもった書風を確立した。また篆刻も善くした。

書作品には、「行書 論書語四屏」、「行書 山谷題跋語四屏」などがある[1]

脚注編集

  1. ^ 浅見錦龍『何紹基の書法』二玄社、1995年11月、72-80頁。ISBN 4-544-01368-2