何 豊林(か ほうりん)は、清末中華民国の軍人。北京政府安徽派奉天派に属した。茂如

何豊林
He Fenglin.jpg
Who's Who in China 3rd ed. (1925)
プロフィール
出生: 1873年同治12年) 
死去: 1935年民国24年)
中華民国の旗 中華民国
出身地: Flag of China (1889–1912).svg 山東省済南府平陰県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 何豐林
簡体字 何丰林
拼音 Hé Fènglín
ラテン字 Ho Feng-lin
和名表記: か ほうりん
発音転記: ホー フォンリン
テンプレートを表示

事跡編集

北洋武備学堂卒業後、新建陸軍に加入し、清末には第4鎮第8協第15標標統まで昇進した。1912年民国元年)5月、第4鎮第8協協統に昇進する。翌年、第4師第7旅旅長となった。1915年(民国4年)、袁世凱が皇帝に即位した際には、三等男爵に封じられた。袁世凱死後は、安徽派盧永祥に属する。1917年(民国6年)1月、浙江省寧台鎮守使となる。1920年(民国9年)、淞滬護軍使兼第6混成旅旅長に就任する。1924年(民国13年)、江浙戦争では浙滬聯軍第1軍司令として戦ったが、盧の敗北と共に下野し、大連に逃れた。[1][2]

その後、何豊林は奉天派に加わる。張作霖が大元帥となると、軍事総長に抜擢され、さらに安国軍模範軍団総司令に任じられた。なお1927年(民国16年)4月には、軍事特別法廷裁判長として、李大釗絞首刑を宣告している。北京政府が崩壊した後には、何も辞任して東北に逃れた。1931年(民国20年)、東北辺防軍司令長官公署首席参議に任じられている。[1][2]1935年(民国24年)、死去。享年63。翌年、陸軍中将銜を追贈された。[3]

編集

  1. ^ a b 徐主編(2007)、682頁。
  2. ^ a b 来ほか(2000)、1133頁。
  3. ^ 山東省情網による。なお、徐主編(2007)、682頁と来ほか(2000)、1133頁によると、何豊林は1938年(民国27年)に華北政務委員会武官長の地位に就いたとされる。しかし、この当時に華北政務委員会は存在していないため(汪兆銘政権の機関であり、1940年3月に成立)、この記述は何らかの誤りと考えられる。

参考文献編集

  • 「平陰鎮」-「人物簡介」山東省情網(山東省地方史志弁公室ホームページ)
  • 来新夏ほか『北洋軍閥史』南開大学出版社、2000年。ISBN 7-310-01517-7
  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国北京政府
先代:
張景恵(陸軍総長)
杜錫珪(海軍総長)
軍事総長
1927年6月 - 1928年6月
次代:
(廃止)