メインメニューを開く

作道 洋太郎(さくどう ようたろう、1923年(大正12年)9月23日 - 2005年(平成17年)2月4日)は、日本の経済学者経営学者
専門は日本経済史・経営史。経済学博士(大阪大学、1961年)

人物編集

著書編集

単著編集

  • 『近世日本貨幣史』(弘文堂、1958年)
  • 『貨幣太平記』(講談社、1960年)
  • 『日本貨幣金融史の研究 封建社会の信用通貨に関する基礎的研究(未来社、1961年)
  • 『近世封建社会の貨幣金融構造』(塙書房、1971年)
  • 『お金の日本史』(日本経済新聞社、1978年)
  • 『江戸時代の上方町人』(教育社、1978年)
  • 『関西企業経営史の研究』(御茶の水書房、1997年)
  • 『阪神地域経済史の研究』(御茶の水書房、1998年)
  • 『なにわ大阪の歴史と経済 歴史にみる大阪の経済活力』(ブレーンセンター、2002年)

編著編集

  • 『昭和享保の経営 ゼロ成長を生き抜く商人像』(ダイヤモンド社、1978年)
  • 『住友財閥史』(教育社、1979年)
  • 住友財閥』(日本経済新聞社、1982年)
  • 『近代大阪の企業者活動』(思文閣出版、1997年)

共著編集

共編編集

共編著編集

賞詞編集

関連項目編集