メインメニューを開く

佳つ乃

日本の女性芸妓、舞踊の名取

佳つ乃(かつの、1964年1月21日 -)は京都祇園の元芸妓、京舞、井上流名取。1980年代中頃よりマスコミの注目を集めタレントとしても活躍した。本名、山縣真理子(やまがた まりこ)[1]

経歴編集

3人兄弟の長女として京都に生まれる。中学卒業後、周囲に勧められ置屋小田本へ入り、一年の修業期間を経て16歳で舞妓になる。1985年1月、トップアイドル歌手のと噂となり、佳つ乃の名前は一躍全国区となる。5月29日、襟替えの儀式を済ませ芸妓として一本立ちをし、またその知名度を買われて、資生堂の食品業界初進出の健康スナック菓子『菜食美人』のCMモデルとなる[1]

当時全盛だった写真週刊誌に歌舞伎役者[2]や作家[3]、俳優などとの交際が報道され、恋多き女と言われた。

1995年5月11日、29歳で男児を出産するが父親は明かしてない[4]

1998年9月、祇園に自身の店、『やまがた 佳つ乃』を出店[5]、同年、日本舞踊における流派の一つである井上流の名取りとなる[6]

2010年に2件目の店『祇をん 佳つ乃』を出す[7]

2012年11月、引き祝いをして芸妓から身を引く。

2014年10月から2016年6月17日まで銀座に会員制の高級クラブ『佳つ乃』を経営していた[8]

2018年12月12日のブログで結婚したことを報告した。

都をどりは常連で、2回トリを務めた[9]

愛車は最初に購入したポルシェ・928から歴代、ポルシェを乗り継いでいる[10]

タレントとしての主な活動編集

テレビ編集

出版編集

  • 祇園の舞妓(フジアート出版、1985年2月16日、撮影 清岡純子
  • 写楽小学館、1985年5月号、グラビア)
  • JJ『同年代の生き方クローズアップ 芸妓 佳つ乃22歳』(光文社、1986年8月号)
  • スコラ(スコラ、1986年9月25日号、セクシーグラビア)
  • 家庭画報特選 きものサロン(世界文化社
    • 97 秋号『林真理子が聞くきもののプロのコツのコツ 祇園・佳つ乃』(1997年10月)
    • 01 秋号『祇園・佳つ乃さんがお手本です たおやかな裾模様のきもの』(2001年9月)
    • 02 春号『祇園・佳つ乃さんの春夏秋冬・桜さくら』(2002年4月)
    • 02 夏号『祇園・佳つ乃さんの春夏秋冬 夏衣』(2002年7月)
    • 02 秋号『祇園・佳つ乃さんの春夏秋冬 秋の染め帯』(2002年10月)
  • クロワッサン『私についての物語』(マガジンハウス、1999年3月10日号)
  • BRUTUS『夜の祇園であの佳つ乃と会う』(マガジンハウス、1999年9月15日号)
  • 京都 佳つ乃 歳時記(講談社、2003年10月1日、『佳つ乃の京都案内』として文庫化)
  • 25ansハースト婦人画報社
    • マダム『日本のゴージャスをつくった女性達』(2008年11月、別冊付録)
    • ヴァンサンカン『はんなり社交術』(2011年1~6月号連載)
  • 美STORY『今日から京美容』(光文社、2009年4、10月号~2010年9月号連載)
  • 週刊ポスト(小学館、2009年7月24日号、セクシーグラビア)
  • 京都 私の「守り本尊」を訪ねて『私の京都』(小学館、2009年12月15日)
  • an・an『佳つ乃が語る、ほんまの美しさ』(マガジンハウス、2010年8月25日号)
  • 朝日新聞『敗れざる40代女子』(朝日新聞社、2011年2月25日、朝刊)
  • ゲーテ『貴方の人生に捧ぐ、珠玉のワイン』(幻冬舎、2013年2月号)
  • GQ JAPAN『京都 佳つ乃の恋愛指南 男と女のきれいな別れ方』(コンデナスト・ジャパン、2013年5月号)
  • MADURO『伝説の芸妓の店 銀座「佳つ乃」』(セブン&アイ出版、2015年1月号)
  • 女性自身『シリーズ人間 銀座で華やぐ祇園のDNA』(光文社、2015年5月5日号)

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ a b テレビタレント人名事典 1997年7月25日 日外アソシエーツ
  2. ^ FOCUS 新潮社 1986年2月14日号
  3. ^ フライデー (雑誌) 講談社 1989年9月22日
  4. ^ 週刊ポスト 小学館 1993年8月13日号 P45-47
  5. ^ クロワッサン マガジンハウス 1999年3月10日号 P121-124
  6. ^ SPA! 扶桑社 2001年7月4日号 P3-7
  7. ^ 女性セブン 小学館 2013年7月25日号 P30
  8. ^ 週刊新潮 新潮社 2016年7月14日号 P132
  9. ^ 女性自身 光文社 2015年5月5日号 P62-68
  10. ^ 美STORY 光文社 2010年9月号 P102-103