依上村(よりがみむら)は茨城県久慈郡にかつて存在した村である。

依上村
廃止日 1955年3月31日
廃止理由 新設合併
大子町、依上村上小川村
袋田村宮川村下小川村
佐原村黒沢村生瀬村大子町
現在の自治体 大子町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
久慈郡
隣接自治体 佐原村、大子町、上小川村
栃木県
依上村役場
所在地 茨城県久慈郡依上村大字下金沢
外部リンク なし
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

  • 現在の大子町の西部に位置する。
  • 村の中央には久慈川の支流押川が流れている。
  • 八溝山地に位置し、村域は山がちな地形になっている。
  • 村は栃木県との県境に位置する。

歴史編集

村名はかつて存在した依上郷に由来する。依上郷は戦国時代までは陸奥国高野郡(現在の福島県東白川郡の前身)に属していたが、豊臣政権の時に佐竹氏の支配地として常陸国に編入された[1]

村域の変遷編集

変遷表

1868年
以前
明治22年
4月1日
明治23年
7月3日
昭和30年
3月31日
現在
芦野倉村 依上村 依上村 大子町 大子町
塙村
田野沢村
上金沢村
下金沢村
相川村
初原村 佐原村
分立
槇野地村
左貫村

大字編集

  • 芦野倉(あしのくら)
  • 塙(はなわ)
  • 田野沢(たのさわ)
  • 上金沢(かみかねさわ)
  • 下金沢(しもかねさわ)
  • 相川(あいかわ)

人口・世帯編集

人口編集

総数 [単位: 人]

1891年(明治24年)      2,317
1914年(大正 3年)     3,168
1920年(大正 9年)     3,122
1935年(昭和10年)        3,463
1950年(昭和25年)       4,291


世帯編集

総数 [単位: 世帯]

1920年(大正 9年)   675
1935年(昭和10年)  597
1950年(昭和25年)    736


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本歴史地名大系 7 福島県の地名』(平凡社、1993年) 「依上郷」より

参考文献編集

関連項目編集