メインメニューを開く

依光 正哲(よりみつ まさとし、1942年 - )は、日本経済学者社会政策学者。専門は社会政策、人口問題外国人労働者問題。一橋大学名誉教授冲永賞受賞。

人物・経歴編集

1966年一橋大学経済学部卒業。1971年一橋大学大学院経済学研究科博士課程退学。指導教官は外池正治。同年、美濃口時次郎の後任の人口問題担当として一橋大学社会学部専任講師に就任。75年助教授。83年-84年ハーバード大学燕京研究所客員研究員。1984年一橋大学社会学部教授。2000年一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻総合政策研究(政策研究)教授。2001年冲永賞受賞[1][2][3]。2006年一橋大学定年退職、一橋大学名誉教授、埼玉工業大学人間社会学部教授[4][5]

この間、1999年から経済企画庁委託調査国際的な労働移動に関する調査座長[2]、2003年から産業雇用安定センター労働移動研究会委員長[6]、2006年から経済産業省外国人研修・技能実習制度に関する研究会座長[7]。この他、社会経済生産性本部雇用政策特別委員会小委員長[8]連合総合生活開発研究所雇用戦略研究委員会委員[9]、全国タイル業協会タイル工事業高齢者雇用推進委員会委員長[5]等も務めた。

著書編集

脚注編集

外部リンク編集