メインメニューを開く

侵食谷浸食谷[1]、しんしょくこく、英語: erosional valley)は、侵食作用によりつくられたのことである[2]

侵食谷を作る因子は、氷河・風雪などが一般的である。流水によってできたものは水食谷、氷河によってできたものは氷食谷または氷河渠(ひょうがきょ)と呼ぶ。氷食谷から氷河が消失するとU字谷が現れる。

膨大な年月をかけ成長し、深さ数百メートルの巨大な谷を作ることもある。また、周囲の地形を相対的に盛り上がらせを形成する。例として、スイスアルプス山脈U字谷富士山大沢崩れなどがある。

脚注編集

  1. ^ デジタル大辞泉、大辞林 第三版. “浸食谷”. コトバンク. 2019年6月17日閲覧。
  2. ^ 日本地形学連合 2017, p. 396.

参考文献編集

  • 『地形の辞典』日本地形学連合、朝倉書店、2017年。ISBN 978-4-254-16063-5

関連項目編集