保田妙本寺

千葉県鋸南町にある寺院

保田妙本寺(ほたみょうほんじ)は千葉県安房郡鋸南町吉浜にある寺院。正式呼称は中山妙本寺。日興の法脈を継承する富士門流に属し、静岡県駿東地方に分布する富士五山や、京都要法寺伊豆実成寺とともに、同門流興門八本山を構成している。

保田妙本寺
Hota kyakuden.JPG
保田妙本寺客殿
所在地 千葉県安房郡鋸南町吉浜453
位置 北緯35度07分37.0秒 東経139度50分19.4秒 / 北緯35.126944度 東経139.838722度 / 35.126944; 139.838722座標: 北緯35度07分37.0秒 東経139度50分19.4秒 / 北緯35.126944度 東経139.838722度 / 35.126944; 139.838722
宗派 単立
創建年 建武3年(1336年)頃
開基 日郷
法人番号 3040005015383 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

その他の通称としては、千葉妙本寺、安房妙本寺、吉浜妙本寺なども用いられる。

戦国時代には里見氏の保護を受け、また寺側も同氏に城砦として寺を提供して対後北条氏との戦いにおいて最前線基地となっていた事が里見氏の古文書などから明らかにされている。

日蓮大聖人等身の正御影(日法作と伝わる)
本堂(御影堂)
本堂裏(御影安置部分は耐火構造)
山門
御宝蔵

沿革編集

  • 1338年延元3年)3月11日、足利尊氏、保田妙本寺の坊地を安堵す。
  • 1341年興国2年)2月12日、薩摩阿日睿、保田妙本寺において日郷より教えを受ける。
  • 1353年正平8年)4月8日、保田日郷、本尊聖教類を吉浜宝蔵に安置し衆徒を誡む。同日、吉浜法華堂〔妙本寺〕を南条時綱の子牛王丸〔日伝〕に付嘱し牛王丸出家まで吉浜法華堂を山城房日明に託す。4月13日、氏清より吉浜法華堂別当職並びに寺地安堵状を受く。4月17日、山城房日明に安房安西内伊戸村の法華堂を譲る。4月25日、保田妙本寺開基小泉4代、宰相阿日郷寂。〔61歳〕
  • 1354年(正平9年)2月中旬、保田日明、薩摩阿日睿の本迹問答十七条を録す。4月22日、日慶〔薩摩阿日睿の異母弟〕保田日郷の分骨を日向に納む。7月21日、日向法華堂〔定善寺〕焼失。11月8日、保田妙本寺の板本尊〔願主2代日賢〕彫刻(妙本寺蔵)
  • 1382年弘和2年)3月5日、日向の法一、土地をあいのやつの御堂〔保田妙本寺〕に寄進す。
  • 1395年応永2年)11月28日、成喜、保田妙本寺の寺地を安堵す。
  • 1401年(応永年8年)10月27日、鎌倉管領足利持氏保田妙本寺の寺地を安堵す。
  • 1419年(応永26年)8月8日、保田妙本寺、板本尊を彫刻す。
  • 1454年享徳3年)7月1日、足利成氏、制札を保田妙本寺に掲ぐ。
  • 1477年文明9年)保田妙本寺、日向諸末寺と和融。
  • 1506年永正3年)8月13日、藤平の母田地を保田妙本寺に寄進。
  • 1514年(永正11年)11月16日、保田・小泉11代三河阿惣持坊日要寂。〔79歳〕
  • 1553年天文22年)7月13日、保田妙本寺兵禍焼失。
  • 1577年天正5年)保田妙本寺再建。
  • 1580年(天正8年)宇部弘政、保田妙本寺に田地を寄す。
  • 1581年(天正9年)大聖人300遠忌。12月25日、保田日侃および隠居日我、島津藩に日向の保田妙本寺末庇護の事を訴う。
  • 1591年(天正19年)7月28日、里見義康、保田妙本寺の寺領3分の1を安堵す。11月12日、里見義康、保田妙本寺の諸役を免ず。
  • 1593年文禄2年)12月15日、里見義康、佐久間郷の田地5貫文〔3分の1〕を保田妙本寺に寄す。
  • 1606年慶長11年)7月3日、里見忠義、保田妙本寺に50石6斗6升4合を寄す。
  • 1648年慶安1年)2月20日、保田日前、小泉久遠寺及び衆檀中へ保田妙本寺の後董を求む。
  • 1686年貞享3年)4月、保田妙本寺より西山本門寺の出入取下げをなす。
  • 1732年享保17年) 日興・日目400遠忌。保田妙本寺客殿再建。
  • 1858年安政5年)12月7日、保田妙本寺本堂焼失。
  • 1865年慶応1年)6月、保田妙本寺客殿再建。
  • 1876年明治9年)末寺13ヶ寺とともに、富士門流の統一教団日蓮宗興門派の結成に参加。
  • 1899年(明治32年)、日蓮宗興門派日蓮本門宗本門宗)と改称。
  • 1941年昭和16年)、本門宗一致派日蓮宗勝劣派顕本法華宗とともに三派合同を行い、日蓮宗を結成。
  • 1957年(昭和32年)4月、旧末寺4ヶ寺とともに日蓮宗を離れ、日蓮正宗となる(旧末寺9ヶ寺は日蓮宗に残留)。
  • 1995年平成7年)、日蓮正宗から独立し、単立の宗教法人となる。

歴代住職編集

日号 阿闍梨号・院号 御遷化年月日 享年 備考
宗祖 日蓮 弘安5年10月13日(1282年) 61歳 武蔵・池上にて御入滅
2祖 日興 白蓮阿闍梨 元弘3年2月7日(1333年)南朝

正慶2年2月7日(1333年)北朝

88歳 上条大石寺建立

北山本門寺建立

3祖 日目 新田卿阿闍梨 元弘3年11月15日(1333年)南朝

正慶2年11月15日(1333年)北朝

74歳 美濃・垂井にて御遷化
4世 日郷 宰相阿闍梨 文和2年4月25日 61歳
5世 日伝 中納言阿闍梨 應永23年10月11日 77歳 小泉5代
6世 日周 侍従阿闍梨 嘉吉元年6月13日 81歳 小泉6代
7世 日祐 二位阿闍梨 永享7年3月13日 61歳 小泉7代
8世 日永 成就阿闍梨 寛正元年1月8日 小泉8代
9世 日安 按察阿闍梨 長享元年7月22日 75歳 小泉9代
10世 日信 大蔵阿闍梨 延徳元年2月17日 64歳 小泉10代
11世 日要 三河阿闍梨 永正11年11月16日 79歳 小泉11代
12世 日清 左京阿闍梨 文亀3年1月18日 小泉12代
13世 日継 二位阿闍梨 大永7年7月2日 65歳 小泉13代
14世 日我 大夫阿闍梨 天正14年11月11日 79歳 小泉14代
15世 日侃 宰相阿闍梨 慶長6年6月6日 77歳 小泉15代
16世 日珍 左京阿闍梨 寛永18年3月8日 小泉16代
17世 日東 和泉阿闍梨 寛永10年4月14日 44歳 小泉17代
18世 日前 権太夫阿闍梨 慶安元年3月19日 65歳 小泉18代
19世 日応 前司阿闍梨 延宝4年12月10日 51歳 小泉19代
20世 日有 遣普阿闍梨 元禄4年2月6日 82歳 小泉21代
21世 日重 駿河阿闍梨 元禄3年10月1日 71歳 小泉22代
22世 日達 伊東阿闍梨 宝永元年11月2日 63歳 小泉23代
23世 日体 元禄2年6月14日 39歳 小泉24代
24世 日賢 享保11年5月18日 59歳 小泉25代
25世 日壽 信行阿闍梨 宝暦5年1月18日 69歳 小泉26代
26世 日淳 元文2年7月3日 63歳 小泉27代
27世 日甫 天明元年10月15日 81歳 小泉29代
28世 日幽 元文5年5月10日 96歳 小泉30代
29世 日潤 宝暦12年3月24日 51歳 小泉32代
30世 日演 明和7年10月15日 62歳 小泉33代
31世 日正 文政元年3月4日 84歳 小泉34代
32世 日暁 寛政6年11月15日 49歳 小泉37代
33世 日承 文政7年1月21日 72歳 小泉40代
34世 日眷 天保3年3月28日 57歳 小泉44代
35世 日曜 三枝阿闍梨 安政4年5月25日 74歳 小泉45代
36世 日樹 拳扇阿闍梨 安政4年3月4日 48歳 小泉47代
37世 日勧 大見阿闍梨 明治40年10月13日 91歳 富士氏

小泉48代

38世 日英 明治3年7月22日 38歳 小泉49代
39世 日霊 明治31年3月5日 61歳 富士氏

小泉52代

40世 日暎 大正2年7月2日 69歳
41世 日開 明治42年10月12日 49歳 福田氏

小泉56代

42世 日純 明治45年4月21日 49歳 小原氏

小泉54代

43世 日堂 昭和2年7月26日 76歳 富士氏

小泉55代

44世 日典 昭和12年10月15日 72歳 野崎氏

小泉58代

45世 日住 常進院 大正10年5月1日 71歳 大井氏

伊豆實成寺37代

46世 日運 大正14年9月19日 61歳
47世 日遠 昭和2年9月24日 62歳 菅氏
48世 日顕 昭和14年1月7日 70歳 吉田氏

小泉59代

49世 日邦 昭和26年8月8日 76歳 青木氏

小泉60代

50世 日照 光明院 昭和41年2月20日(1966年) 82歳 富士氏
51世 日櫻 観岳院 平成21年9月1日(2009年) 101歳 鎌倉寛全
52世 日誠 鎌倉氏

現貫首猊下

境内編集

塔頭は久円坊であるが、法人運営は日蓮宗であり本山とは異なる

年中行事編集

  • 4月 開山会、10月 霊宝御虫払い法要、11月 宗祖御会式。

文化財編集

交通アクセス編集

JR内房線保田駅より南へ約2キロ。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 形木の本尊が身延山久遠寺御真骨堂に奉安されており、身延山山頂の思親閣休憩所にも安置されている。
  2. ^ 模刻の板本尊が大石寺の大講堂に安置されている。

出典編集

  1. ^ 『日蓮大聖人御真蹟御本尊集』(立正安国会)

関連項目編集

外部リンク編集