保科 正富(ほしな まさとみ)は、江戸時代中期の大名上総国飯野藩6代藩主。官位従五位下越前守

 
保科正富
時代 江戸時代中期
生誕 享保17年5月15日1732年6月7日
死没 寛政9年12月10日1798年1月26日
改名 直治郎・直次郎(幼名)、正富→正宜
諡号 桂山
戒名 高勝院殿義雄桂山大居士
墓所 東京都杉並区和泉大円寺
官位 従五位下越前守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
上総飯野藩
氏族 保科氏
父母 父:保科正寿、母:津軽信寿娘・於染
兄弟 保科清光院、正富
正室:永井直期娘・於喜井
正率九鬼隆晁大岡清定黒田直儀正温阿部亀次郎室、松平親貞正室、武田信親正室
テンプレートを表示

略歴編集

享保17年(1732年)5月15日、5代藩主・保科正寿の次男として生まれる。元文4年(1739年)、父が死去したため、家督を継いだ。これは長兄の清光院が将軍に御目見することなく延享元年(1744年)に死去したため、正富が身代わりとして藩主に擁立されたものともされている。

延享4年(1747年)12月に従五位下、越前守に叙位・任官する。寛延元年(1748年)に元服する。日光祭礼奉行を4回、大坂加番を3回ほど歴任した。明和7年(1770年)7月5日に長男の正率に家督を譲って隠居する。その後、正宜(まさよし)と改名した。安永7年(1778年)閏7月、桂山と号して剃髪する。

寛政9年(1797年)12月10日、江戸で死去した。享年66。

系譜編集