メインメニューを開く

保科 武雄(ほしな たけお、1906年10月12日 - 1983年10月7日)は、新潟県高田市(現上越市)出身の元クロスカントリースキー選手。旧名は、矢沢 武雄(やざわ たけお)。

来歴編集

旧制高田中学校早稲田大学

高田中学時代の1924年、第2回全日本スキー選手権大会クロスカントリースキー個人4kmで優勝。卒業後早大に進み、1926年の同大会では、クロスカントリースキー個人10kmと24kmリレーで優勝し、高橋昴竹節作太らとともに早大の黄金期を作り上げた。1928年サンモリッツオリンピックでは、クロスカントリースキー個人長距離(18km)にエントリーし、26位だった。1930年の全日本スキー選手権大会では、クロスカントリースキーのリレーで優勝し、同大会では早大に4年ぶりのタイトルをもたらした。 その後保科姓となり、1932年レークプラシッドオリンピックでは、クロスカントリースキー個人長距離(18km)に出場し、17位の成績を残した。

引退後は全日本スキー連盟理事、新潟県スキー連盟会長などを歴任した。

参考文献編集

外部リンク編集