保見村(ほみむら)は、かつて愛知県西加茂郡にあった

ほみむら
保見村
廃止日 1955年3月1日
廃止理由 編入
保見村、石野村猿投町
現在の自治体 豊田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
西加茂郡
面積 34.72km2.
総人口 5,980
(1950年10月1日[1]
隣接自治体 挙母市瀬戸市
西加茂郡猿投町、三好村
愛知郡長久手村日進村
保見村役場
所在地 愛知県西加茂郡保見村大字伊保字深水尻52
 表示 ウィキプロジェクト
保見村道路元標

現在の豊田市北西部に該当し、後に猿投町に編入される地域で、村名は、伊村(いぼむら)と橋村(はしみむら)から一文字ずつ取った合成地名である。

伊保川矢作川支流)沿いの山間の村であり、当時の村域はおおよそ現在の愛知環状鉄道線に沿う地域である。この地域には、後に愛知環状鉄道線と愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)が開通し、住宅団地(保見団地)や愛知工業大学中京大学豊田キャンパスが建設されるなど、開発が進んでいる。

沿革編集

教育編集

神社・仏閣編集

  • 貴船神社
  • 白山神社
  • 白髭神社
  • 八柱神社

交通編集

猿投町が豊田市に編入された後、当地には愛知環状鉄道と愛知高速交通部丘陵線(リニモ)が開通し、貝津駅保見駅篠原駅八草駅が開業している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県郡市町村勢要覧(愛知県総務部統計課 1951年10月刊行)

関連項目編集