メインメニューを開く

保谷 俊夫(ほうや としお、1948年4月10日[1] - 2010年7月3日[2])は、東京都出身[2]プロ野球選手投手)。

保谷 俊夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 1948年4月10日
没年月日 (2010-07-03) 2010年7月3日(62歳没)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 第1次ドラフト4位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

東京都出身。日大一高では投手として、桜井憲とともに左右の二本柱となる。1966年の春季関東大会決勝で浅野高を降し優勝、この試合では先発を任され桜井につなぐ。夏の甲子園東京都予選では6回戦で敗退。182cmの長身から投げ降ろす速球には威力があった。他の高校同期に捕手の村上修(富士重工業)がいた。

1966年第1次ドラフト会議阪急ブレーブスから4位指名を受け入団。7年間で一軍登板はなく、1973年限りで引退。その後阪急・オリックスのスコアラーやマネジャーを歴任し、1994年からはファーム担当として若手育成に尽力し、2002年からオリックスの選手寮「青濤館」の寮長を務めていた[2][3]

2010年7月3日神戸市内で脳幹出血のため急逝した[2]。告別式には、前日の試合で共に快勝した1軍、2軍のウイニングボールが手向けとして添えられた[4]

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 37 (1967年 - 1973年)

脚注編集

  1. ^ プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、507ページ
  2. ^ a b c d 青濤館寮長の保谷俊夫さん、脳幹出血のため急死”. スポーツニッポン (2010年7月4日). 2010年7月4日閲覧。
  3. ^ オリックス寮長・保谷俊夫氏が突然死”. スポーツ報知 (2010年7月4日). 2010年7月4日閲覧。
  4. ^ オリックス・保谷寮長に最後のお別れ”. 産経スポーツ (2010年7月4日). 2010年7月4日閲覧。

関連項目編集