保阪嘉内

保阪 嘉内(ほさか かない、1896年10月18日 - 1937年2月8日[1])は、日本詩人宮沢賢治の親友として知られ、賢治の代表作とされる『銀河鉄道の夜』のカンパネルラのモデルとも言われる[2]

目次

経歴編集

山梨県北巨摩郡駒井村(現・韮崎市)出身[3]。父は郡役所書記であった[1]。韮崎高等小学校から1910年に山梨県立甲府中学校(現・山梨県立甲府第一高等学校)に進む[1]。中学時代には文芸同人誌に作品を発表していた[1]

1915年に甲府中学を卒業すると、東北帝国大学札幌農科大学(現・北海道大学)を受験するが不合格となり、翌1916年に盛岡高等農林学校農学科第二部に入学する[1]。出身地である山梨の農民生活の改善が進学の目的であった[4][5]。寄宿舎(自啓寮)では賢治と同室となる[4][5]。嘉内が石川啄木に興味を持っていることを知った賢治は、入学直後に啄木の短歌に詠われた旧制盛岡中学校(賢治の母校でもある)校舎のバルコニーに嘉内を案内した[4][5]。賢治は嘉内の進学理由に共感したという[4][5]。5月には寮の懇親会で自作の戯曲「人間のもだえ」を上演、賢治は「全智の神ダークネス」役で出演した[4]

1917年7月に高等農林で文芸同人誌『アザリア』が創刊されると、嘉内は賢治、小菅健吉、河本義行とともに、その中心メンバーとなった。しかし、1918年3月発行の第6号に寄稿した「社会と自分」という文章の中に、「今だ。今だ。帝室を覆すの時は。ナイヒリズム」という一節があったことが問題視され、退学処分となる[6]。賢治は学校当局に再考を求めたが処分は覆らず[5]、退学が決まった嘉内に賢治は『漢和対象妙法蓮華経』(島地大等編)を贈った[7]

嘉内は東京で明治大学への進学に向けた勉強に取り組んだが、母の死去後にそれを断念し、山梨に戻って農業活動に入る[1]。1919年11月から1年間は志願兵として近衛輜重兵大隊に応召した[1][8]。除隊後は山梨で職に就く傍ら、勤務演習に数度参加して1923年に士官(少尉)に任じられた[1]。この間、国柱会に入会して浄土真宗からの改宗をめぐって父と対立した賢治からは、多くの手紙が送られた。その中には嘉内にも国柱会への加入を勧めるものがあったが、父が神道・禊教の関係者であったことからそれに応じることはなかった[5]。賢治は家出して上京していた1921年7月に嘉内に面会したとされるが、その日の嘉内の日記では「宮澤賢治 面会来」と書かれた文字を上から斜線で消している[9]。この時期を境に賢治から嘉内への手紙の数は大きく減る。

1924年から1925年まで山梨日日新聞に文芸記者として勤務し、その後、農業生活に入る[1]。1928年には歌集出版を企図したが出版社の火災で断念した[1]。営農中に在郷軍人会の分会長や駒井村会議員といった役職にも就いた[1]。1931年に再び上京し、日本青年協会で講師を務めた[1]胃癌を発症し、1936年に帰郷。1937年2月8日に死去した[1]

死後編集

嘉内は賢治から受け取った書簡をスクラップブックに貼って保管し、没後は遺族の手元に残された。死去から約30年が経過した1968年、この書簡類が研究者の小沢俊郎と嘉内の子息の共著『宮澤賢治 友への手紙』(筑摩書房)として刊行されると、嘉内は賢治の伝記上重要な関係者として光を当てられることになった[10]

1992年に発見された小惑星14447は、hosakakanaiと命名された(発見者は渡辺和郎円舘金)。これは嘉内が残したハレー彗星のスケッチが天文学上の貴重な資料と認められたことに由来する[11]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 保阪嘉内と賢治・健吉・義行 - 友愛の年譜 - - 保阪嘉内・宮沢賢治アザリア記念会
  2. ^ 大明敦 「『銀河鉄道の夜』におけるカムパネルラと保阪嘉内」、『佛教大学大学院紀要. 文学研究科篇』 (佛教大学)215-216頁、2011年3月1日NAID 110008454264http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/DB/0039/DB00390R215.pdf 
  3. ^ 「保阪嘉内」、『コトバンク』 (朝日新聞社)、2010年5月22日オリジナル2017年6月10日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20170610111322/https://kotobank.jp/word/%E4%BF%9D%E9%98%AA%E5%98%89%E5%86%85-8900082017年6月10日閲覧 
  4. ^ a b c d e 堀尾、p.87
  5. ^ a b c d e f 堀尾、pp.143 - 144
  6. ^ 堀尾、p.94、142
  7. ^ 堀尾、p.94
  8. ^ 堀尾、p.113
  9. ^ 堀尾、p.119
  10. ^ 大明敦「宮沢賢治の書簡「あなたは昔…」の位置 (PDF) 」 - 『京都語文』第17号pp.151 - 168、佛教大学、2010年
  11. ^ 保阪嘉内の資料館 - 保阪嘉内・宮沢賢治アザリア記念会事務局

参考文献編集

外部リンク編集