メインメニューを開く
企業保養所の例 (徳島県鳴門市

保養所(ほようじょ、ほようしょ)とは、企業健康保険組合などが、社員の研修や保養などに用いるために作られた施設である。他にも、省庁や政府系特殊法人等により設置された保養施設も存在したが、行政改革や運営赤字などの問題で廃止や民営化されている。

概要編集

主にリゾート地に作られることが多く、運営する企業の社員や組合員は、普通料金より割安な料金で利用できることが多い。また、社員・組合員でない一般人も利用できる場合もある。その場合でも、料金は周辺のホテルなどの宿泊施設より割安な場合が多い。

日本の企業保養所の集積地としては六甲山神戸市)、軽井沢長野県軽井沢町)、蓼科高原(長野県茅野市)などがある。

保養所を所有する企業の経営が苦しくなり、閉鎖されたり、買収・借受を経て、ホテル日帰り入浴施設に転換されるケースがある。また、バブル期に着工しバブル崩壊後に建設途中で放棄された施設もある。

郵政民営化により、保養施設の一つである簡易保険保養センター「かんぽの宿」は一部は廃止され、残った施設も民営化されている。

関連項目編集

外部リンク編集