メインメニューを開く

信太村(しのだむら)は、かつて大阪府にあった。現在の和泉市北部にあたる。村名の由来は和名抄に見られる郷名「信太」より。

信太村
廃止日 1960年8月1日
廃止理由 編入
信太村八坂町和泉市
現在の自治体 和泉市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
泉北郡
隣接自治体 和泉市、泉北郡八坂町・高石町福泉町
信太村役場
所在地 大阪府泉北郡信太村大字太
 表示 ウィキプロジェクト

当地の中村(現・和泉市葛の葉町)には葛の葉伝説の舞台となった信太森葛葉稲荷神社がある。また、かつて舞村には陰陽師が数名居住しており、を発行して和泉国内に頒布していた。1660年万治3年)に発行された「泉州暦」(「岸和田暦」とも)が神宮文庫に保管されている。

目次

歴史編集

  • 1889年明治22年)4月1日 和泉郡王子村、富秋村、中村、尾井村、太村、上村、舞村、上代村、小野新田が合併して、和泉郡信太村が発足。大字太に村役場を設置。
  • 1896年(明治29年)4月1日 泉北郡が成立。
  • 1910年(明治43年) 大字小野新田を小野に改称。
  • 1960年昭和35年)8月1日 泉北郡八坂町とともに和泉市に編入される。
    • 和泉市編入の際に大字中を葛の葉町に改称。

交通編集