メインメニューを開く
1949年頃

信夫 淳平(しのぶ じゅんぺい、明治4年9月1日1871年10月14日) - 昭和37年(1962年11月1日)は、日本外交官国際法学者法学博士早稲田大学教授、学士院会員中華民国顧問等を歴任。1943年学士院恩賜賞受賞、従三位勲一等瑞宝章[1]

父は信夫恕軒鳥取士族[2]、漢学者、元東大講師)。信夫韓一郎(新聞記者、元朝日新聞専務)は長男、信夫清三郎(政治学者、名古屋大名誉教授、元日本政治学会理事長)は三男。

経歴編集

生い立ち編集

鳥取県生まれ[3]。父・恕軒には男の子が三人あり、寛一郎、淳平、敬造といった[4]。五歳か六歳のときに生母・いとが恕軒と別れた[4]。どういう母親だったかの記憶はない[4]

学生時代編集

旧制鳥取中学校(鳥取県立鳥取西高等学校の前身)、開成中学校を経て、1894年東京高等商業学校(現一橋大学)卒業[5][6][7]

淳平は自分の経歴を書いたメモを遺している[8]。メモではこうなっている[8]。「幼時小学校を卒へたるのみで、中学校を知らず、大学にも入らず、私塾にて漢学を専攻し、次で共立中学及同人社にて英語を学び、後に英吉利法律学校東京専門学校高等商業学校にて法律学、経済学、商業学等を聴講したる外、主に独学にて修業…」[8]

商業学校教諭編集

北海道庁属を経て、1894年市立新潟商業学校(新潟県立新潟商業高等学校の前身)教諭、1896年市立久留米簡易商業学校(久留米市立久留米商業高等学校の前身)校長[9]

外交官として編集

1897年外交官及領事官試験に合格[2]。領事官補として京城に赴任する[10]。その後二十年間は海外の外交官暮しが続き、メキシコ公使館書記官[10]、満州占領地行政事務官、統監府下の仁川理事庁理事官[10]オーストリー大使館書記官[10]オランダ公使館書記官[10]カルカッタ総領事を歴任[10]

日露戦争時に大日本帝国陸軍遼東守備軍司令部付・満州占領地行政事務官を務め[10]、法律顧問の有賀長雄との知遇を得る[11]

国際法学者として編集

1917年46歳で外交官を退き早稲田大学講師になった[12]。早稲田大では外交史、国際法、国際政治学を教え[12]新愛知(現中日新聞東京新聞)主筆も務めた[13]

1925年東京帝国大学から法学博士の学位を取得[12]、1932年2月に帝国海軍第三艦隊司令部国際法顧問として旗艦出雲に乗り組み第一次上海事変に従軍[14]1943年には四巻五千ページの大著『戦時国際法講義』で学士院恩賜賞をうけた[12]。1944年帝国学士院会員[15]

戦争中に定年で早稲田大講師を辞めたが、戦後早稲田大に新制大学院ができたとき教授に迎えられ、1951年から1956年まで早稲田大教授を務めた。80歳をこえる高齢でふたたび外交史と国際政治学の講座をうけもった[12]

晩年編集

1962年91歳で死去した[16]

人物像編集

淳平は、大正末から昭和初年にかけて新愛知新聞主筆万朝報社長をつとめ、論説を書いている[12]

宗教禅宗[2]趣味乗馬、銃猟[2]

栄典編集

家族・親族編集

信夫家編集

明治29年(1896年)、淳平は24歳で荻原貞と結婚した[10]。貞は山形県鶴岡の出身で、幼いころ信夫恕軒の本所の漢学塾に通っていた[12]。貞を恕軒が気に入って淳平の嫁にしたのかもしれない[12]
貞との夫婦仲はよくなかった[19]。三男・清三郎によると「子どものころの記憶ではあるが、家のなかが非常に冷たかった[19]。夕ごはんの時などに、どの家庭でもあるような、夫婦がむつまじくくつろいで、といった情景を一度も見なかった[19]。反対に、よく覚えているのは、父・淳平が癇癪をおこして母の針箱をたたきつけて毀したりしたことである[19]。」という。
  • 後妻・静子(東京、土岐裕二女[20]
明治17年(1884年)8月生[20] - 没
先妻・貞の死が大正8年(1919年)10月で、翌9年2月に淳平は土岐静子後妻に迎えた[21]。悲劇はその3年後にはじまった[21]。男の子4人が次々に家出をし、そのうち2人が自殺した[21]。2人の自殺原因の根底には、父・淳平との対立があった、と清三郎は思っている[22]。自殺寸前に満二郎から来たハガキに、父の横暴さを責めて「家父長的」という言葉が使ってあったのを清三郎は読んでいる[22]
 
左から貞、操、淳平韓一郎
(信夫家の人々)
明治33年(1900年7月生 - 昭和51年(1976年)8月没
  • 同妻・千枝子[20](東京、石川長恒長女[20]
  • 二男・満二郎
 
左から韓一郎、満二郎、墺四郎
(信夫家の人々、昭和7年)
昭和10年(1935年)10月、自殺[21]。満二郎は、病身であったうえに共産党の地下活動にかかわって特高警察に追われていた[22]茅ヶ崎の空き家で睡眠薬を飲んで死んでいるのが見つかった[22]
明治42年(1909年4月生 - 平成4年(1992年)10月没
  • 四男・墺四郎
昭和7年(1932年)11月、自殺[21]。墺四郎は、熊本の下宿で苛性ソーダを飲んで死んでいた[22]
  • 養女・歌子(後妻・静子のにあたる[23]

著書編集

  • 『外政新論』(大鐙閣、1918年)
  • 『国際政治論叢(1)国際政治の進化及現勢』(日本評論社、1925年)
  • 『国際政治論叢(2)國際政治の綱紀及連鎖』(日本評論社、1925年)
  • 『国際政治論叢(3)國際紛争と國際聯盟』(日本評論社、1925年)
  • 『国際政治論叢(4)外政監督と外政機構』(日本評論社、1926年)
  • 『大正外交十五年史』(国際聯盟協會、1927年)
  • 『不戰條約論』(国際聯盟協會、1928年)
  • 『明治秘話二大外交の真相』(万里閣書房、1928年)
  • 『近世外交史』(日本評論社、1930年)
  • 『上海戰と國際法』(丸善、1932年)
  • 『滿蒙特殊權益論』(日本評論社、1932年)
  • 『戦時國際法講義(1-4)』(丸善、1941年)
  • 『小村壽太郎』(新潮社、1942年)
  • 『國際政治論』(早稲田大学出版部、1953年)
  • 『海上国際法論』(有斐閣、1957年)、オンデマンド版2015年

脚注編集

  1. ^ 『日本近現代人物履歴事典』(東京大学出版会、2002年)
  2. ^ a b c d 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)シ・九〇頁
  3. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  4. ^ a b c d e f g h 『新聞人 信夫韓一郎』9頁
  5. ^ 「信夫淳平」デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社
  6. ^ 「信夫淳平」『日本近現代人物履歴事典』(東京大学出版会、2002年)
  7. ^ 日暮吉延「国際法における侵略と自衛 : 信夫淳平「交戦権拘 束の諸条約」を読む」鹿児島大学
  8. ^ a b c 『新聞人 信夫韓一郎』10頁
  9. ^ 『日本近現代人物履歴事典』(東京大学出版会、2002年)
  10. ^ a b c d e f g h i j 『新聞人 信夫韓一郎』11頁
  11. ^ 日暮吉延「 国際法における侵略と自衛」鹿児島大学法学論集, 45(2): 1-41、2011-03-31
  12. ^ a b c d e f g h 『新聞人 信夫韓一郎』12頁
  13. ^ 日暮吉延「国際法における侵略と自衛 : 信夫淳平「交戦権拘 束の諸条約」を読む」鹿児島大学
  14. ^ 上海戦と国際法(丸善、1932年)前書き。
  15. ^ 『日本近現代人物履歴事典』(東京大学出版会、2002年)
  16. ^ 『新聞人 信夫韓一郎』19頁
  17. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  18. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。
  19. ^ a b c d 『新聞人 信夫韓一郎』13頁
  20. ^ a b c d 『人事興信録. 11版』(昭和12年)上シ一六八
  21. ^ a b c d e 『新聞人 信夫韓一郎』14頁
  22. ^ a b c d e 『新聞人 信夫韓一郎』18頁
  23. ^ 『新聞人 信夫韓一郎』17頁

参考文献編集

  • 『新聞人 信夫韓一郎』(非売品、「新聞人 信夫韓一郎」刊行会、1977年)

外部リンク編集

  • 著作集国立国会図書館デジタルコレクション