信子とおばあちゃん

信子とおばあちゃん』(のぶことおばあちゃん)は、1969年昭和44年)4月7日から1970年(昭和45年)4月4日まで放送されたNHK連続テレビ小説の第9作である。

信子とおばあちゃん
ジャンル ドラマ
放送時間 月曜 - 土曜8:15~8:30(15分)
放送期間 1969年4月7日 - 1970年4月4日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
原作 獅子文六
脚本 井手俊郎
出演者 大谷直子
北沢彪
加藤道子
下條アトム
毛利菊枝 ほか
ナレーター 青木一雄
時代設定 現代
テンプレートを表示

目次

解説編集

獅子文六のベストセラー小説「信子」「おばあさん」を基に、井手俊郎が脚本を担当した。佐賀娘・信子が、おばあちゃんや周囲の人たちの励ましの中、強く生きていく姿を描く。

スチル写真は残っているが、当時の放送用VTRが2インチ規格で機器・テープとも高価・操作煩雑だったことなどから映像を収録した全話のマスターテープは他の番組制作に使い回されたため、NHKアーカイブに本作の映像は残っていない。

1969〜70年の平均視聴率は37.8%、最高視聴率は46.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[1]

朝ドラ(連続テレビ小説)好きだった昭和天皇のお気に入りの1作とされ、宮中へ招かれた獅子文六が「あれ(本ドラマ)は原作とは違うの」と陛下から尋ねられ「はい、まったく違うんでございます」と答えたという。

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集