信州市民新聞グループ

信州・市民新聞グループ(しんしゅう・しみんしんぶんグループ)は、長野県岡谷市に本社を置く岡谷市民新聞社(おかやしみんしんぶんしゃ、商号:株式会社岡谷市民新聞社)が諏訪上伊那地域で発行している地域密着型地方新聞の総称である。日本新聞協会非加盟。

略歴・概要編集

1948年に岡谷市で市民新聞(現・岡谷市民新聞)を発刊したのがスタート。以後1949年には湖北新聞(現・下諏訪市民新聞 下諏訪町)、たつの家庭新聞(現・たつの新聞 辰野町)、1953年には箕輪家庭新聞(現・みのわ新聞 箕輪町)、1966年諏訪市民新聞(諏訪市)、1971年茅野市民新聞(茅野市)、1981年には南箕輪村を対象とする南みのわ新聞がそれぞれ創刊された。

発行元の岡谷市民新聞社が株式会社組織となったのは1956年である。

1965年には鉛活字を使わず、コンピューターオフセット印刷を利用した、当時としては画期的な「CTS=コールドタイプシステム」を日本の日刊新聞として最初に導入。以後全国の新聞社が多用するきっかけを作るようになる。更に1996年にはデジタルカメラを全面採用するなど、紙面製作のデジタル化をやはり日本で初めてスタートさせた。[要出典]

  • 紙面体裁 朝刊タブロイド紙(地域・日付により16~32ページ立て。なおテレビ番組面はグループ傘下7紙共通で中面抜き取り形式で掲載している)

関連項目編集

外部リンク編集