信州豊南短期大学

信州豊南短期大学
Gthumb.svg
大学設置/創立 1983年
学校種別 私立
設置者 学校法人豊南学園
本部所在地 長野県上伊那郡辰野町中山72
学部 言語コミュニケーション学科
幼児教育学科
ウェブサイト 信州豊南短期大学公式サイト
テンプレートを表示

信州豊南短期大学(しんしゅうほうなんたんきだいがく、英語: Shinshu Honan College)は、長野県上伊那郡辰野町中山72に本部を置く日本私立大学である。1983年に設置された。大学の略称は豊南短大。

目次

概観編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 信州豊南短期大学における建学の精神
    • 「自主独立」のもと、広い国際視野にたつ感性豊かな自己を確立し、社会に寄与できる人間を育成すること[1]

教育および研究編集

  • 信州豊南短期大学には、言語コミュニケーション学科と幼児教育学科が設置されている。前者ではニュージーランド中国での海外研修が取り入れられている。

学風および特色編集

  • 信州豊南短期大学の言語コミュニケーション学科が設置されており、こちらでは「図書館司書」、「心理学・医療事務」、「情報・ビジネス」、「日本文学・創作」などの各フィールドが設定されており、それぞれの領域から自由に科目を選択することができるところに特色がある。
  • 長期履修制度がある(学費は最短期間と基本的に同額)

沿革編集

  • 1983年 信州豊南女子短期大学(しんしゅうほうなんじょしたんきだいがく)として開学
  • 2000年 信州豊南短期大学と改称。男子学生の募集を開始。国文科と英語科を統合して言語コミュニケーション学科とする。
  • 2008年 幼児教育学科を新設。

基礎データ編集

所在地編集

  • 長野県上伊那郡辰野町中山72

交通アクセス編集

  • JR飯田線宮木駅が最寄りの駅となっているが、徒歩でおよそ15分はかかる道程となっている。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 言語コミュニケーション学科:かつて、以下にあった学科の統合により設置された。
    • 国文科:「文学」・「実務」・「教養」の各コースがあった。
    • 英語科
  • 幼児教育学科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし
取得資格について編集
資格
  • 司書資格が取得できる課程がある。
  • 保育士:幼児教育学科にて取得できる。
教職課程

附属機関編集

  • 子育て支援センター

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 信州豊南短期大学の学園祭は「秋桜祭」と呼ばれ毎年、概ね10月頃に行われている。

スポーツ編集

  • 長野県私立短期大学体育大会やスポーツ大会へ参加している。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

  • 安津素彦:初代学長
  • 武田昭二:現学長

施設編集

キャンパス編集

  • 茶室・礼法室
  • 駐車場
  • 体育館
  • コンピューター室
  • 管理棟
  • 図書館
  • 学生食堂
  • 記念ホール
  • 調理実習室
  • ピアノレッスン室
  • 図工室
  • 保育実習室
  • テニスコートほか
  • キャンパス内に桜並木があり、になると本短大の風物詩となる。

編集

  • 信州豊南短期大学の寮は、女子学生を対象として「白樺寮」と称した直営寮、「エーデルハイツ」・「中村寮」と称した指定寮がある。

対外関係編集

地方自治体との協定編集

  • 2008年3月、地元辰野町との地域連携協定書が調印される。

他大学との協定編集

系列校編集

社会との関わり編集

  • サツマイモ収穫体験や「福寿草まつり」のボランティアなどを通じて、地元住民との交流が行われている。
  • 「観光と地域社会」、「観光とコミュニケーション」などと称した地域公開授業が行なわれている。
  • 本短大の学生が「ほたる祭り」に参加している。

卒業後の進路について編集

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 入学案内冊子より引用
  2. ^ 当初の在学者数は120人となっている。
  3. ^ 当初の在学者数は86人となっている。

公式サイト編集


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。