信濃史学会(しなのしがっかい)は長野県郷土史(地方史学)に関する学術団体。主に歴史学、民俗学、考古学、人文地理学などによる地方史の総合研究を目的としている[1]

歴史編集

昭和7年(1932年)、郷土史家の栗岩英治や、第六十三国立銀行の町田礼助らによって、「信濃郷土史研究会」が設立され、第一次『信濃』が創刊された[2]。昭和17年(1942年)、一志茂樹によって引き継がれ、「信濃史学会」として第二次『信濃』が創刊された[2]。昭和20年(1945年)3月には戦時下の出版統制により、信濃毎日新聞に委譲して一時解散したが、同年5月には一志らによって、「信濃郷土史研究会」の第三次『信濃』として復刊し、昭和32年(1957年)に再度「信濃史学会」と改称した。平成11年(1999年)には日本学術会議から協力学術研究団体に認定されている[2]

当初は機関誌『信濃』の発行を主としたが、昭和38年(1963年)からは、学会活動として、春期の総会と、夏期、秋期、冬季の例会を開き、会員の研究発表と、県内外の招待学者の特別講演を行っている[3]。また昭和44年(1969年)以来、数度にわたって地方史研究全国大会を開催している[2]

会長編集

  • 小松芳郎(2016年から)[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 信濃史学会編 『長野県民の戦後六〇年史』 2008年
  2. ^ a b c d e 信濃史学会のあゆみ
  3. ^ 「長野県百科事典」p.363

参考文献編集

  • 『長野県百科事典』信濃毎日新聞社開発局出版部、信濃毎日新聞社、1974年。全国書誌番号:73008665

関連項目編集

外部リンク編集