信濃史料叢書(しなのしりょうそうしょ)は信濃国の古文書、古記録、近世の編纂著述等を収録した叢書である。

概要編集

「信濃史料編纂会」が大正元年(1912年)から同3年(1914年)にかけて全5巻に別けて刊行した。太平洋戦争後、郷土史家の一志茂樹を中心とする「信濃史料刊行会」によって「新編信濃史料叢書」全25巻として再編され、昭和45年(1970年)から同54年(1979年)にかけて刊行された。

善光寺諏訪大社など寺社関係の文献の他、地誌、武家の家伝、軍記物など内容は多岐にわたる。

主な収録史料編集

  • 「信濃地名考」
  • 千曲之真砂
  • 信府統記
  • 「伊那志略」
  • 「木鮮志略」
  • 四鄰譚藪
  • 「木曽考」
  • 「つちくれ鑑」
  • 「勝山小笠原家譜」
  • 「村上家伝」
  • 「真武内伝」
  • 「芦田記」
  • 「下条家由来記」
  • 「笠系大成(溝口家記、二木家記、岩岡家記)」
  • 市河家文書
  • 「守矢家文書」
  • 「機山経略古文書」
  • 「大塔物語」
  • 「浪合記」
  • 「妙法寺記」
  • 「小平物語」
  • 「赤羽記」
  • 「高遠記集成」

出典編集

外部リンク編集