信用緩和(しんようかんわ)とは経済学用語の一つ。中央銀行民間に対して従来ならば買い入れないようなリスク資産を購入したり、企業に対して直接融資するという政策。これは信用が無くなった市場に対して信用を与えるということを目的として実施されており、このことから取引が円滑に行われるようになったり金利の低下や資産価格の上昇が期待できる。連邦準備制度リーマン・ショック後に証券化商品を大量に買い取るという信用緩和を実施した。

外部リンク編集