メインメニューを開く

修斗世界王者一覧

ウィキメディアの一覧記事

修斗世界王者一覧は、総合格闘技団体「修斗」の世界王座変遷表である。

2015年1月1日より、体重のリミットをネバダ州アスレチック・コミッションの制定した区分に変更。

2017年1月1日より、各階級の名称もネバダ州アスレチック・コミッションの制定した名称に変更。

ヘビー級(-120.2kg)編集

  • 2014年12月までは-100kg。
氏名 在位期間 防衛回数 備考
  エンセン井上 1997年10月12日 - 1999年9月5日(返上) 0

ミドル級(-83.9kg)編集

  • 2014年12月までは-83kg。2017年1月よりライトヘビー級から階級名変更。
氏名 在位期間 防衛回数 備考
  川口健次 1991年5月31日 - 1996年5月7日 3
2   エリック・パーソン 1996年5月7日 - 2000年9月28日(返上) 1
3   須田匡昇 2002年1月12日 - 2006年2月17日(返上) 2
4   山下志功 2006年4月22日 - 2007年7月15日 0
5   シアー・バハドゥルザダ 2007年7月15日 - 現在 2

ウェルター級(-77.1kg)編集

  • 2014年12月までは-77kg。2017年1月よりミドル級から階級名変更。
氏名 在位期間 防衛回数 備考
  関島康人 1990年5月12日 - 1991年8月3日 1
2   石川義将 1991年8月3日 - 1991年(返上) 0
3   桜田直樹 1991年10月17日 - 1997年1月18日(返上) 1
4   桜井"マッハ"速人 1998年5月13日 - 2001年8月26日 1
5   アンデウソン・シウバ 2001年8月26日 - 2002年11月26日(返上) 0
6   ジェイク・シールズ 2004年7月9日 - 2004年12月14日 0
7   菊地昭 2004年12月14日 - 2006年2月17日 0
8   青木真也 2006年2月17日 - 2010年5月21日(返上)[1] 1
9   ルイス・"ベイサォン"・ハモス 2010年8月6日 - 2011年8月9日(返上) 0
10   エルナニ・ペルペトゥオ 2013年8月25日 - 現在 0

ライト級(-70.3kg)編集

  • 2014年12月までは-70kg。2017年1月よりウェルター級から階級名変更。
氏名 在位期間 防衛回数 備考
  渡部優一 1991年3月29日 - 1991年8月25日(返上) 0
2   大原友則 1991年10月17日 - 1993年2月(返上) 1
3   中井祐樹 1994年11月7日 - 1997年(返上) 0
4   宇野薫 1999年5月29日 - 2000年12月17日(返上) 1
5   五味隆典 2001年12月16日 - 2003年8月10日 1
6   ヨアキム・ハンセン 2003年8月10日 - 2003年12月14日 0
7   ヴィトー・"シャオリン"・ヒベイロ 2003年12月14日 - 2004年12月14日 0
8   川尻達也 2004年12月14日 - 2007年1月24日(返上)[2] 1
9   中蔵隆志 2008年5月3日 - 2009年9月22日(返上)[3] 0
10   ヴィラミー・シケリム 2009年10月30日 - 2010年5月30日(返上) 1
11   弘中邦佳 2011年7月18日 - 2015年11月29日(返上) 2
12   松本光史 2016年4月23日 - 現在 1

フェザー級(-65.8kg)編集

  • 2014年12月までは-65kg。2017年1月よりライト級から階級名変更。
氏名 在位期間 防衛回数 備考
  田中健一 1990年9月8日 - 1991年5月31日 0
2   坂本一弘 1991年5月31日 - 1992年3月27日 1
3   朝日昇 1992年3月27日 - 1999年9月5日 2
4   アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ 1999年9月5日 - 2006年5月7日(返上) 6
5   リオン武 2006年5月12日 - 2007年5月18日 0
6   田村彰敏 2007年5月18日 - 2008年3月28日 0
7   門脇英基 2008年3月28日 - 2008年11月29日 0
8   リオン武 2008年11月29日 - 2010年5月30日 1
9   日沖発 2010年5月30日 - 2011年5月31日(返上)[4] 0
10   斎藤裕 2016年1月11日 - 現在 1

バンタム級(-61.2kg)編集

  • 2014年12月までは-60kg。2017年1月よりフェザー級から階級名変更。
氏名 在位期間 防衛回数 備考
  マモル 2000年12月17日 - 2001年11月25日 0
2   大石真丈 2001年11月25日 - 2003年8月10日 1
3   松根良太 2003年8月10日 - 2005年12月15日(返上)[5] 1
4   外薗晶敏 2006年7月21日 - 2008年1月26日(返上) 0
5   上田将勝 2008年3月28日 - 2010年3月22日 3
6   勝村周一朗 2010年3月22日 - 2011年4月29日 0
7   岡嵜康悦 2011年4月29日 - 2012年5月18日 0
8   扇久保博正 2012年5月18日 - 2013年3月16日 0
9   堀口恭司 2013年3月16日 - 2015年10月20日(返上)[6] 0
10   佐藤将光 2017年10月15日 - 現在 0

フライ級(-56.7kg)編集

  • 2014年12月までは-56kg。2017年1月よりバンタム級から階級名変更。
氏名 在位期間 防衛回数 備考
  マモル 2003年12月14日 - 2006年10月14日 2
2   BJ 2006年10月14日 - 2010年2月27日(返上)[7] 3
3   漆谷康宏 2010年5月30日 - 2012年9月30日(返上) 1
4   神酒龍一 2013年11月9日 - 2015年5月3日 0
5   菅原雅顕 2015年5月3日 - 2016年4月23日 0
6   扇久保博正 2016年4月23日 - 現在 1

ストロー級(-52.2kg)編集

  • 2014年12月までは-52kg。2017年1月よりフライ級から階級名変更。
氏名 在位期間 防衛回数 備考
  ランバー・ソムデートM16 2009年11月23日 - 2011年4月16日(返上) 1
2   生駒純司 2011年4月29日 - 2011年11月5日 0
3   山上幹臣 2011年11月5日 - 2013年11月9日(返上) 1
4   室伏シンヤ 2014年1月12日 - 2014年9月27日 0
5   内藤のび太 2014年9月27日 - 2016年4月22日(返上) 2
6   飛鳥拳 2016年7月17日 - 2017年7月23日(返上) 0
7   猿田洋祐 2017年10月15日 - 現在 1

脚注編集

  1. ^ 青木真也、世界王座を返上 X-SHOOTO 2010年5月21日
  2. ^ 川尻達也、世界ウェルター級王座返上 SHOOTO NEWS 2007年01月23日
  3. ^ 中蔵隆志、世界ウェルター級王座返上 X-SHOOTO 2009年9月24日
  4. ^ 日沖発が世界王座を返上 X-SHOOTO 2011年5月31日
  5. ^ 松根良太が世界タイトル返上 X-SHOOTO 2005年12月15日
  6. ^ 堀口がタイトル返上 日本修斗協会 公式ウェブサイト 2015年10月27日
  7. ^ BJ、世界バンタム級王座を返上 X-SHOOTO 2010年2月28日