俳人協会評論賞(はいじんきょうかいひょうろんしょう)は、俳人協会俳人協会賞俳人協会新人賞とともに開催している俳句評論賞。協会会員による評論的著作が選考対象。1979年に第一回を開催。当初は隔年で行われていたが、1993年より毎年行われるとともに新人賞も選出するようになった。

受賞一覧編集

  • 第1回(1979年)- 松本旭 『村上鬼城の研究』
  • 第2回(1981年)- 桑原視草 『出雲俳壇の人々』
  • 第3回(1983年)- 小室善弘 『漱石俳句の評釈』
  • 第4回(1985年)- 村松友次 『芭蕉の手紙』、室岡和子 『子規山脈の人々』
  • 第5回(1987年)- 平井照敏 『かな書きの詩』
  • 第6回(1989年)- 長谷川櫂 『俳句の宇宙』(奨励賞)
  • 第7回(1991年)- 杉橋陽一 『剥落する青空』
  • 第8回(1993年)- 堀古蝶 『俳人松瀬青々』
  • 第9回(1994年)- 大串章 『現代俳句の山河』
  • 第10回(1995年)- 澤木欣一 『昭和俳句の青春』、成瀬櫻桃子 『久保田万太郎の俳句』
  • 第11回(1996年)- 茨木和生 『西の季語物語』
  • 第12回(1997年)- 石原八束 『飯田蛇笏』、渡辺勝 『比較俳句論 日本とドイツ』
    • 新人賞 - 見目誠 『呪われた詩人 尾崎放哉』
  • 第13回(1998年)- 川崎展宏 『俳句初心』
  • 第14回(1999年)- 正木ゆう子 『起きて、立って、服を着ること』、蓬田紀枝子 『葉柳に...』
  • 第15回(2000年)- 栗田靖 『河東碧梧桐の基礎的研究』
  • 第16回(2001年)- 阿部誠文 『ソ連抑留俳句 人と作品』 、西嶋あさ子 『俳人 安住敦』
  • 第17回(2002年)- 星野恒彦 『俳句とハイクの世界』、柴田奈美 『正岡子規と俳句分類』
  • 第18回(2003年)- 坂本宮尾 『杉田久女』
  • 第19回(2004年)- 西村和子 『虚子の京都』
    • 新人賞 - 小川軽舟 『魅了する詩型 現代俳句私論』
  • 第20回(2005年)- 田島和生 『新興俳人の群像』
  • 第21回(2006年)- 片山由美子 『俳句を読むということ』、仁平勝 『俳句の射程』
  • 第22回(2007年)- 小澤實 『俳句のはじまる場所』
  • 第23回(2008年)- 綾部仁喜 『山王林だより』、栗林圭魚 『知られざる虚子』
  • 第24回(2009年)- 角光雄 『俳人青木月斗』、日野雅之 『松江の俳人・大谷繞石』
  • 第25回(2010年)- 中坪達哉 『前田普羅』
  • 第26回(2011年)- 岸本尚毅 『高浜虚子 俳句の力』、中岡毅雄 『壺中の天地』
  • 第27回(2012年)- 筑紫磐井 『伝統の探求〈題詠文学論〉』 、中村雅樹 『俳人 橋本鷄二』
  • 第28回(2013年)- 仲村青彦 『輝ける挑戦者たちー俳句表現考序説ー』
    • 新人賞 - 長嶺千晶 『今も沖には未来あり 中村草田男句集「長子」の世界』
  • 第29回(2014年)- 岩淵喜代子 『二冊の「鹿火屋」―原石鼎の憧憬』、榎本好宏 『懐かしき子供の遊び歳時記』
  • 第30回(2015年)- 依田善朗 『ゆっくりと波郷を読む』
  • 第31回(2016年)- 該当なし
  • 第32回(2017年)- 今井聖『言葉となればもう古し-加藤楸邨論』、本井英『虚子散文の世界へ』
  • 第33回(2018年)- 青木亮人『近代俳句の諸相-正岡子規、高浜虚子、山口誓子など-』
  • 第34回(2019年)- 角谷昌子『俳句の水脈を求めて-平成に逝った俳人たち-』

参考文献編集

  • 日外アソシエーツ 『最新文学賞事典』 各年度版

外部リンク編集