メインメニューを開く

俵 義文(たわら よしふみ、1941年1月23日[1] - )は、日本の評論家、社会運動家。

福岡県生まれ。福岡県立鞍手高等学校(定時制)卒業。1964年中央大学法学部法律学科卒業、新興出版社啓林館に入社。1965年家永三郎教科書裁判の支援会員になる。労働組合の幹部を務める。1998年子どもと教科書全国ネット21の結成に参加。事務局長に就任。2000年新興出版社啓林館を定年前に退社、活動に専念する[2]

目次

著書編集

  • 『子どもたちがねらわれている 教科書はどう変えられたか』学習の友社 シリーズ世界と日本21 1992
  • 『教科書攻撃の深層 「慰安婦」問題と「自由主義史観」の詐術』学習の友社 シリーズ世界と日本21 子どもたちがねらわれている 1997
  • 『ドキュメント「慰安婦」問題と教科書攻撃』高文研 1997
  • 『徹底検証あぶない教科書 「戦争ができる国」をめざす「つくる会」の実態』学習の友社 シリーズ世界と日本21 2001
  • 『歴史歪曲教科書を斬る 新しい歴史教科書をつくる会 「戦争ができる国」をめざす「あぶない教科書」がやってくる』国連・憲法問題研究会 2001
  • 『あぶない教科書no! もう21世紀に戦争を起こさせないために』花伝社 2005
  • 『〈つくる会〉分裂と歴史偽造の深層 正念場の歴史教科書問題』花伝社 2008
  • 日本会議の全貌 知られざる巨大組織の実態』花伝社 2016

共著編集

  • 『小学校教科書を読む 新検定をへて』山住正己共著 岩波ブックレット 1992
  • 『中学教科書はどう変えられたか 続・子どもたちがねらわれている』石山久男共著 学習の友社 シリーズ世界と日本21 1993
  • 『検証・15年戦争と中・高歴史教科書 新(93~95年度用)旧(81~83年度用)教科書改述の比較 資料集』編著 学習の友社 1994
  • 『高校教科書検定と今日の教科書問題の焦点 子どもたちがねらわれているパート3』石山久男共著 学習の友社 シリーズ世界と日本21 1995
  • 『とめよう!戦争への教育 教育基本法「改正」と教科書問題』高橋哲哉,石山久男,村田智子共著 子どもと教科書全国ネット21編 学習の友社 シリーズ世界と日本21 2005
  • 学校副教材未来をひらく歴史』 共同執筆、2005
  • 安倍晋三の本性』横田一,本誌取材班,魚住昭,佐高信共著 金曜日 2006
  • 『「改正」基本法で教育は「再生」できるか』成嶋隆,木附千晶, 鶴田敦子, 山本由美,石山久男他共著 子どもと教科書全国ネット21編 学習の友社 シリーズ世界と日本21 2007
  • 『「村山河野談話」見直しの錯誤 歴史認識と「慰安婦」問題をめぐって』林博史,渡辺美奈共著 かもがわ出版 安倍新政権の論点 2013
  • 『軍事立国への野望 安倍政権の思想的系譜と支持母体の思惑』小森陽一,山田朗,石川康宏,内海愛子共著 かもがわ出版 2015

論文編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.267
  2. ^ 『日本会議の全貌』著者紹介