俺たちは天使じゃない (1989年の映画)

1989年制作のアメリカの映画作品

俺たちは天使じゃない』(おれたちはてんしじゃない 原題:We're No Angels)は1989年アメリカ合衆国コメディ映画。監督はニール・ジョーダン、出演はロバート・デ・ニーロショーン・ペンデミ・ムーアなど。ふとしたことから神父になりすますことになった脱獄囚を描いている。

俺たちは天使じゃない
We're No Angels
監督 ニール・ジョーダン
脚本 デヴィッド・マメット
原作 アルベール・ユッソンフランス語版
La Cuisine des anges
サム・スピワック
ベラ・スピワック
英語版

My Three Angels
ラナルド・マクドゥガル英語版
1955年版脚本)
製作 アート・リンソン
製作総指揮 ロバート・デ・ニーロ
出演者 ロバート・デ・ニーロ
ショーン・ペン
デミ・ムーア
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 フィリップ・ルースロ
編集 ミック・オーズリー
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年12月15日
日本の旗 1990年2月10日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $10,555,348[1]
テンプレートを表示

アルベール・ユッソンフランス語版戯曲La Cuisine des anges』を原作とした、サム・スピワックとベラ・スピワック英語版の舞台劇『My Three Angels』を映画化した1955年同名映画リメイク

主演のデ・ニーロが製作総指揮も兼任している。

ストーリー編集

1935年カナダとの国境に近いアメリカ東部のとある刑務所。窃盗で服役していたネッドとジムは殺人犯ボビーの死刑執行に立ち会うが、ボビーは一瞬のすきを突いて狡猾に脱獄、2人も流れから一緒に脱獄し、ニューイングランドの小さな町に逃げ込む。

しかし、国境を越えるための手続きの際に、自分たちの身分を神父と偽ったため、折から2人の神父が派遣される予定だった教会に送られてしまう。

国境を越える機会をうかがっているうちに、ネッドが聾唖の幼い娘を抱えるモリーと恋に落ちるなど様々な騒動が起こり、2人の心境にも変化が起こってゆく。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

※レイ・マカナリーは映画公開前に急逝し、エンディングロールで「IN MEMORY OF RAY McANALLY」(レイ・マカナリーの思い出に)のメッセージが流された。

評価編集

レビュー・アグリゲーターRotten Tomatoesでは19件のレビューで支持率は47%、平均点は5.00/10となった[2]Metacriticでは18件のレビューを基に加重平均値が48/100となった[3]

関連編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ DVDパッケージは池田勝となっているが、誤植である。

出典編集

  1. ^ a b We're No Angels” (英語). Box Office Mojo. 2011年11月2日閲覧。
  2. ^ We're No Angels” (英語). Rotten Tomatoes. 2022年6月28日閲覧。
  3. ^ "We're No Angels" (英語). Metacritic. 2022年6月28日閲覧。

外部リンク編集