メインメニューを開く

倉林 明子(くらばやし あきこ、1960年12月3日 - )は、日本政治家看護師、労働運動家。日本共産党所属の参議院議員(2期)。日本共産党中央委員[1]京都府議会議員(1期)、京都市議会議員(5期)を歴任。

倉林 明子
くらばやし あきこ
Akiko Kurabayashi 2019.png
2019年7月14日撮影
生年月日 (1960-12-03) 1960年12月3日(58歳)
出生地 日本の旗 福島県耶麻郡西会津町
出身校 京都市立看護短期大学
前職 看護師
京都民主医療機関労働組合西支部書記長
京都医療労働組合連合会執行委員
京都府議会議員
京都市議会議員
所属政党 日本共産党
称号 準学士
親族 父・三瓶猛(西会津町議会議員)
公式サイト 倉林明子 日本共産党 参院議員・京都選挙区

選挙区 京都府選挙区
当選回数 2回
在任期間 2013年7月29日 - 現職

選挙区 中京区選挙区
当選回数 5回
在任期間 1995年 - 2013年6月11日

選挙区 中京区選挙区
当選回数 1回
在任期間 1994年 - 1995年
テンプレートを表示

来歴編集

福島県耶麻郡西会津町農家に生まれる[2]。父は西会津町議会議員を務めた三瓶猛(1936 - 2009)。福島県立喜多方高等学校を経て、1982年京都市立看護短期大学を卒業[2]。同短大卒業後、右京病院(京都民医連中央病院の前身[3])に入る。看護師生活は11年に及ぶが、この間京都民主医療機関労働組合西支部書記長京都医療労働組合連合会執行委員を務めるなど、労働運動にも深く携わった[2]

1994年京都府議会議員補欠選挙に中京区(定数1)から立候補し初当選を果たす[2]。その後、翌年京都市議会議員選挙に同じく中京区から立候補し当選。当選5回。市議会では京都市都市計画審議会委員や運営委員会理事の他、市議会議員団幹事長を歴任した[2]

2013年6月11日、市議会議員を辞職[4]。同年7月21日執行の第23回参議院議員通常選挙京都府選挙区(定数2)から立候補し、民主党新人で元首相補佐官北神圭朗を抑え得票数2位で初当選[5]。同選挙区における共産党候補の当選は、第18回参議院議員通常選挙西山登紀子以来15年振り[5]。選挙戦では府内の財界府知事京都市長が「共産党落とし」を進めたが[6]地盤の京都市中心部や府北部以外にも、民主党の強い府南部の宇治市で北神を上回る勢いを見せた中での当選であった[5]

2019年(令和元年)7月の第25回参議院議員通常選挙でも京都府選挙区から立候補し、立憲民主党新人の増原裕子を僅差で破り得票数2位で再選した[7]

主張編集

エピソード編集

脚注編集

  1. ^ 日本共産党25回大会 大会で選出された新中央委員会2010年1月17日 しんぶん赤旗
  2. ^ a b c d e プロフィール日本共産党 倉林明子ウェブサイト
  3. ^ 病院の概要・沿革京都民医連中央病院ウェブサイト
  4. ^ 倉林明子市会議員が議員を辞職京都市会議員団
  5. ^ a b c 倉林氏、京に共産の風 参院選京都選挙区 2013年7月22日 朝日新聞
  6. ^ 大激戦を勝ち抜いた2013年7月22日 しんぶん赤旗
  7. ^ 西田氏、得票は自己最多 倉林氏、京都市で増原氏上回る /京都 2019年7月23日 毎日新聞
  8. ^ a b c d e f g h i j “2013参院選 京都選挙区 倉林明子”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_meikan.html?mid=B26000007001 2018年2月19日閲覧。 
  9. ^ 選択的夫婦別姓実現キャンペーン キックオフ!院内集会、2014年11月11日、参議院会館
  10. ^ 選択夫婦別姓アンケート、mネット、2014年
  11. ^ a b 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞 (2019年). 2019年7月8日閲覧。
  12. ^ Webマンガ アッコ物語日本共産党 倉林明子ウェブサイト
  13. ^ 公式プロフィール

関連項目編集

外部リンク編集