メインメニューを開く

倉橋 健(くらはし たけし、1919年10月11日 - 2000年5月17日)は日本英文学者演劇評論家演出家早稲田大学名誉教授。本名の読みは「けん」。

目次

人物編集

日本統治時代の朝鮮京城で出生後、長野県で育つ。1941年早稲田大学英文学科卒。応召、1947年復員、早大文学部助手、講師、助教授、1958年教授。1970年から1989年まで早稲田大学演劇博物館館長。1990年定年退任、名誉教授。1983年秋、紫綬褒章受勲。

アーサー・ミラーなどの翻訳だけでなく、劇団青俳に参加し安部公房の戯曲『どれい狩り』、『快速船』の舞台演出を担当した。ロシア語からの翻訳も行った。文部省の文化政策推進会議の委員を務めた。

弟に化学者の倉橋潔大阪大学名誉教授がいる。

著書編集

  • 『アメリカの現代劇 ユージン・オニール以后』古今書房 1946
  • 『演出のしかた』三省堂 1957 のち晩成書房
  • 『現代アメリカ演劇論』南雲堂 1960 改題『現代アメリカの演劇』
  • 『芝居をたのしむ』南雲堂 1993

共編著など編集

  • 『現代演劇講座 第4巻 世界の演劇 第1』岩瀬孝共編 三笠書房 1959
  • 『世界の演劇 米・ソ・中・日篇』河竹繁俊共監修 三笠書房 1966 現代の演劇
  • シェイクスピア辞典』編 東京堂出版 1972

翻訳編集

  • ウイリヤム・サローヤン『わが心高原に』中央公論社 1950
  • クリフォード・オデッツ「レフティを待ちつつ」『現代世界戯曲選集 第6』白水社 1954
  • C&P.シフトン「恐怖を風と共に」『現代世界戯曲選集 第9』白水社 1954
  • 『スタニスラフスキイ演出教程 決定版』訳編 未来社 1954
  • クリスティ『俳優修業の実際』未来社 てすぴす叢書 1954
  • スタニスラフスキイ『舞台の第一歩』未来社 てすぴす叢書 1954
  • 「かもめ」『チェーホフ名作集』白水社 1956
  • ユージン・オニール「偉大なる神ブラウン」『現代アメリカ文学全集 第13』荒地出版社 1959
  • 「マクベス」『世界名作全集 第2 (シェイクスピア名作集)』平凡社 1960
  • 「検察官」『世界文学全集 第10 (ゴーゴリ)』河出書房新社 1963
  • グリボエードフ「知恵の悲しみ」『世界文学大系 第89 (古典劇集 第2)』筑摩書房 1963
  • 『テネシイ・ウイリアムズ一幕劇集』踏みにじられたペチュニア事件、わが最後の金時計、ロング・グッドバイ」早川書房 1966
  • 「ピグマリオン」『バーナード・ショー名作集』白水社 1966
  • 『シェイクスピア全集 第8』「コリオレーナス」筑摩書房 1967
  • トム・ストッパードローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」『今日の英米演劇 第5』白水社 1968
  • 『ウィリアム・サローヤン戯曲集』加藤道夫共訳 早川書房 1969
  • ブルガーコフ「逃亡」『世界文学全集 カラー版 別巻 第2巻 (現代世界戯曲集)』河出書房新社 1969
  • ピーター・シェーファー「ブラック・コメディ」『現代世界演劇 15 (風俗劇)』白水社 1971
  • H.サックラー「大いなる白人の希望」『現代世界演劇 13 (リアリズム劇 2)』白水社 1971
  • オニール「毛猿」『ノーベル賞文学全集 20』主婦の友社 1972
  • 『アーサー・ミラー全集 4』早川書房 1974
  • チェザーレ・モリナーリ『演劇の歴史』PARCO出版局 1977
  • 『アーサー・ミラー全集 2』橋からのながめ.るつぼ 改訂版 早川書房 1984[1]
  • 『アーサー・ミラー全集 5』早川書房 1985
  • 『アーサー・ミラー全集 3』改訂版 早川書房 1986
  • アーサー・ミラー『北京のセールスマン』早川書房 1987
  • 『アーサー・ミラー全集 1』みんな我が子.セールスマンの死 改訂版 早川書房 1988
  • ローレンス・オリヴィエ『演技について』甲斐万里江共訳 早川書房 1989
  • 『アーサー・ミラー自伝』早川書房 1996
  • 『アーサー・ミラー全集 6』早川書房 1998
  • ジョン・M・シング「鋳掛屋の婚礼」『シング選集 戯曲編』恒文社 2002
  • 『アーサー・ミラー 1(セールスマンの死)』ハヤカワ演劇文庫 2006
  • テネシー・ウィリアムズ しらみとり夫人財産没収ほか』鳴海四郎共訳 ハヤカワ演劇文庫 2007
  • 『アーサー・ミラー 2 (るつぼ)』ハヤカワ演劇文庫 2008
  • ウィリアム・サローヤン 1(わが心高原に/おーい、救けてくれ!)』ハヤカワ演劇文庫 200

舞台演出編集

など

編集

  1. ^ 旧版は菅原卓訳、他も同じ

参考編集