メインメニューを開く

倉谷 宣緒(くらたに よしお、1958年9月2日 - )は、日本の映画プロデューサー映画監督である。映画製作会社の株式会社ベンテンエンタテインメントの創業者であり、代表取締役社長。また、製作プロダクション“べんてんムービー”の代表。日本アカデミー賞協会会員。日本映画監督協会会員。

くらたに よしお
倉谷 宣緒
生年月日 (1958-09-02) 1958年9月2日(61歳)
出生地 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市
職業 映画プロデューサー、映画監督
ジャンル 映画
事務所 ベンテンエンタテインメント
公式サイト ベンテンエンタテインメント公式サイト
テンプレートを表示

小沼雄一、杉田真一、小林宏治らの映画デビュー作を世に送り出している。

加藤雅也大沢たかおのマネージャー、ファッションショー・プロデュース、演出家を務めたことがある。

来歴編集

広島県出身。幼少期に友達と映画館で観た洋画『ベン・ハー』に圧倒される。高校時代には『燃えよドラゴン』のブルース・リーに影響を受ける。

1984年オスカープロモーション入社、俳優の加藤昌也大沢たかおを発掘、マネージメントにも携り、メンズノンノ集英社刊)創刊号より出演させ、ファッションモデルから映画俳優へ導く。1988年米国 Ford Modelsとの合弁会社、株式会社フォード・モデルス・ジャパン(現クリームインターナショナル)取締役就任、ドメスティック部門を立ち上げる。同年、企画・制作会社、有限会社オブジェプロダクションを設立。ファッションショーやビューティー・コンテスト、商品キャンペーン等の広告制作を企画・プロデュース。その後、東宝配給映画『帝都大戦』や『パ★テ★オ』の制作参加をきっかけに映画プロデューサーを志す。

1995年すずきじゅんいち監督、井川幸広らと共に有限会社フイルムヴォイスを設立。同年、坂本九のヒット曲「上を向いて歩こう」をモチーフにした映画『スキヤキ』を企画・製作、ロンドン国際映画祭、ニューヨークインディペンデント映画祭、アジアフォーカス・福岡国際映画祭の招待作品となる。1998年江島神社に安置されている『裸弁財天』をシンボルとした映像制作プロダクション“べんてんムービー”を主宰。映画『Heavenz / DJキッド』を旗揚げに、多くの作品を手掛けている。2000年より映画の海外マーケットにも着目、東京~ミラノ~ハリウッド~香港~北京~ソウル・釜山を巡り、外国映画の買付けと日本映画の販売を試みる。2002年FILMART(香港)、AFM(ロサンゼルス)等にも出展。2010年短編映画プロジェクト[1]を立ち上げ、若手監督らを世に送り出している。2008年『ボディ・ジャック』を初監督。2012年ファッション情報専門チャンネル「Fashion TV」にて、始めて「チベット体操」を題材にした番組及びDVD付き書籍を企画・プロデュース。

主なプロデュース(監督)作品編集

劇場用映画・ビデオ映画・等編集

出演:EMMA、DAZZLE-T、KEN-BO、KO KIMURA、SATASHI TOMIIE、SHUYA OKINO、YO-C、他

書籍編集

  • スピリチュアル・エクササイズ DVD付き チベット体操 若返りの秘儀(2013年3月25日 河出書房新社刊 ISBN 978-4-309-27393-8

受賞編集

  • Scotland's International Horror Film Festival(スコットランド国際ホラー映画祭)2006 準グランプリ受賞(『最後の晩餐』)製作・プロデュース
  • 第20回東京国際映画祭 「日本映画・ある視点」受賞(『真木栗ノ穴』)企画・プロデュース
  • ロサンゼルス日本映画祭2015 Best Visual Effects [視覚効果賞]受賞(『THE HYBRID 鵺の仔』)プロデュース・共同監督
  • 第1回皆既月食映画祭(ニコニコ動画[公式]) グランプリ[金月賞]受賞(『THE HYBRID 鵺の仔』)企画・原案・プロデュース・共同監督
  • 第3回いばらきショートフィルム大賞(2016年) 大賞受賞(『海ガメの約束』)監督[4][5]

脚注・出典編集

外部リンク編集