倉谷工業団地(くらたにこうぎょうだんち)は京都府舞鶴市にある工業団地

舞鶴市が日立造船車両工場跡地を買い取り、1990年(平成2年)に造成した工業団地で、舞鶴港の公共埠頭を利用できる点や、舞鶴若狭自動車道で大阪まで約90分、京都市へも約100分で輸送できるメリットからケンコーマヨネーズ西日本工場などが進出、操業中である。

今後も京都縦貫自動車道などの全通により更なる利便性が期待できることから、京都府と舞鶴市では税制面での優遇処置を決め、積極的に企業誘致に乗り出しているが、資生堂舞鶴工場、次いでキリンビバレッジが撤退している。 なお、資生堂舞鶴工場跡地は舞鶴市民病院が移転する。

アクセス編集

進出企業編集

過去に立地していた企業編集

近隣施設編集

教育施設編集

職業訓練施設編集

関連項目編集

外部リンク編集