メインメニューを開く

倉賀野町(くらがのまち)は群馬県の中央部、群馬郡に属していた

倉賀野町
廃止日 1963年3月31日
廃止理由 編入合併
倉賀野町 → 高崎市
現在の自治体 高崎市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
群馬郡
面積 4.02km2.
総人口 7,812
(1963年2月28日)
隣接自治体 高崎市
倉賀野町役場
所在地 群馬県
外部リンク なし
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

町の南部を烏川が流れる。

町の中心部は、住宅地と商業地だが、周囲を工業団地に囲まれている。

歴史編集

教育編集

倉賀野は明治初期まで、東京信越を結ぶ水運舟場として栄えたため、鉄道の敷設とともに町が寂れても、町民はなかなか農業になじめなかった。そのため青年層の技術習得が叫ばれ、1919年(大正8年)に、町内に実業補習学校が作られた[1]

観光編集

町内に浅間山古墳 (高崎市倉賀野町)、大鶴巻古墳、小鶴巻古墳があり[2]、町の中央を東国文化歴史街道が横断している。

出身有名人編集

脚注編集

参考文献編集