個人主義的フェミニズム

個人主義的フェミニズム(こじんしゅぎてきフェミニズム、: Individualist feminism)又はリバタリアン・フェミニズム: libertarian feminism)とは、フェミニズムの中でも特に個人主義を強調する思想である[1]

概要編集

個人主義的フェミニストは、階級的特権とジェンダーに基づく特権を廃止し、個人が平等な権利(自己の身体と財産に対する権利を含む)を持つことを保証するように法的システムを変えようと試みている。彼らは女性に対して、自分の人生に全責任を負うことを奨励している。また、大人が自身の身体について下した選択に対しての、政府のいかなる介入にも反対している。そのような介入は家父長制のような強圧的な階層制度を生み出すからである[2][3]

代表的な個人主義的フェミニズムの論者であるウェンディ・マッケロイ英語版によれば、個人主義的フェミニズムは主流のフェミニズムとは異なり、政治的な解決に反対し、その他の多様な社会的大義を通じて意見を表明した。なかでも最も重要だったのが、「フリー・ラブ」運動である。この運動は、結婚や出産といった女性の性に関する選択はその女性自身によって行われるべきであり、政府は介入するべきではないと主張するものだった[4]

代表的な活動家編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Association of Libertarian Feminists
  2. ^ McElroy, Wendy, ed. (2002). Liberty for Women: Freedom and Feminism in the 21st century. Ivan R. Dee, Publisher. ISBN 978-1-56663-435-9
  3. ^ Reclaiming the Mainstream: Individualist Feminism Rediscovered(Prometheus, 1992),What to Do When You Don't Want to Call the Cops: A Non-Adversarial Approach to Sexual Harassment (New York University Press, 1999). ともにJoan Kennedy Taylor著。
  4. ^ McElroy, Wendy.(1998) "Individualist Feminism: The Lost Tradition"FEE. 2017年12月6日閲覧。

関連文献編集

外部リンク編集