メインメニューを開く

倒産隔離(とうさんかくり)とは経済学用語の一つ。企業倒産した場合でも、その企業が所有している資産には影響が及ばないようにするということである。

倒産隔離の方法として行われているのには資産の証券化という事柄が存在しており、これを行ったならば企業の資産はその企業の所有物ではなく投資家による所有物ということになり、その企業は以降は賃借をして使用し続けるということになるわけである。

このことから企業が倒産した場合でも、本社ビルなどといった企業の所有していた不動産は倒産の影響を受けなくなる、というわけである。

外部リンク編集