メインメニューを開く
本来の表記は「倪元璐」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
倪元璐

倪 元璐(げい げんろ、1594年1月7日(万暦21年閏11月16日) - 1644年4月25日(崇禎17年3月19日))は、末の官員、能書家。は玉汝、は鴻宝。

生涯編集

浙江上虞の人。貧民の出身で多芸多才であった。書法は王羲之蘇軾に学んで行書草書が濃重に堅毅であって、黄道周王鐸と並んで明代の書道の名人と称された。

天啓2年(1622年)に科挙に合格して進士に及第し、庶吉士になった。後、翰林院編修となった。崇禎年間、しばしば上書して『三朝要典』の廃棄を請願した。崇禎8年(1635年)、国子監祭酒に上った。大学士温体仁とそりが合わず、妻の陳氏を捨てて妾の王氏を本妻にしようとしたことを暴露され、非難を受けて離職した。

崇禎15年(1642年)、兵部侍郎と侍読学士として呼び戻された。翌年、戸部尚書に任ぜられた。李自成軍が北京を落とすと、自ら縊死した。

参考資料編集