倶利迦羅不動寺(くりからふどうじ)は、石川県河北郡津幡町倶利伽羅にある高野山真言宗の別格本山である。[注 1]本尊は倶利迦羅不動明王

倶利迦羅不動寺
Kurikarafudouji Gokaicho.jpg
倶利迦羅不動寺本堂
所在地山頂本堂石川県河北郡津幡町倶利伽羅リ-2
鳳凰殿)石川県河北郡津幡町竹橋ク128
位置 北緯36度39分48.7秒
東経136度48分56.1秒
座標: 北緯36度39分48.7秒 東経136度48分56.1秒
山号 高野山
宗派 高野山真言宗
寺格 別格本山
本尊 倶利迦羅不動明王
開山 812年
正式名 高野山真言宗 別格本山 倶利迦羅山不動寺
札所等山頂本堂北陸不動霊場 第24番
山頂本堂北陸白寿観音霊場 第18番
鳳凰殿北陸観音霊場 特番
公式HP 倶利迦羅不動寺
法人番号 9220005007134 ウィキデータを編集
倶利迦羅不動寺の位置(石川県内)
倶利迦羅不動寺
テンプレートを表示
鳳凰殿

概要編集

倶利迦羅とはサンスクリット語の「kulihah」に由来する。「福徳円満の黒い龍」を意味し、剣に黒龍が巻き付いた本尊の名前から倶利迦羅山と呼ばれるようになった[1][2]

歴史編集

  • 養老2年(718年)、倶利迦羅不動明王を、元正天皇の勅願により奉安された事が始まりと伝えられている。
  • 弘仁2年(812年)、空海(弘法大師)が本尊と同体の不動尊像を彫り、別当山として長楽寺が開山。
  • 昭和24年(1949年)、長楽寺跡に堂宇が再建され、倶利伽羅不動寺として復興。

文化財編集

絵画編集

  • 羅漢像:津幡町指定文化財
  • 十一面観世音菩薩像:津幡町指定文化財

古文書編集

  • 頼朝下文:津幡町指定文化財

史跡編集

  • 七野墳墓群(2・3・4号墓):津幡町史跡

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 地名表記に準じ「倶利羅不動寺」と記載されることもあるが、公式サイトでは一貫して「倶利羅不動寺」とされている。

出典編集

  1. ^ 倶利迦羅不動寺について”. 倶利迦羅不動寺. 2018年7月23日閲覧。
  2. ^ “開山1300年祝い大法会”. 北國新聞: p. 28. (2018年4月29日) 

外部リンク編集