メインメニューを開く

偏食(へんしょく)とは、必要とする栄養素に偏りがある食事の状態である[1]栄養学の創始者である佐伯矩造語したとされる[2]。一般的には好き嫌いとも呼ばれる。

1日単位で見ると必要な栄養素の量を満たしているのだが、1食毎で見ると1日分の等分ではない場合も偏食であり、理想的な食事ではないとされる[3]野菜嫌い猫舌など特定の食べ物を苦手とする偏食の形態もある。等分された場合は、完全食と呼ばれる[3]

偏食の有名人やアスリートも多く、「偏食、イコール悪ではない」とする説もある[4]

また、モンゴル人エスキモーパプアニューギニア高地人のように、偏食の民族も存在する[5][6][7]

偏食の著名人編集

脚注編集

関連項目編集