メインメニューを開く

停電少女と羽蟲のオーケストラ(ていでんしょうじょとはねむしのオーケストラ)は、CDレーベル「IM(アイム)」作品のひとつ。2009年7月24日よりドラマCDシリーズが発売されている。

原作・脚本は二宮愛、イラスト・キャラクターデザインは田倉トヲル、音楽はZIZZ STUDIOが担当している。

「IM」は2005年に原作者の二宮愛が立ち上げたインディーズレーベル。アニメイトの限定発売を経て、口コミで広まり、全国販売となる。二宮の拘りがあり大々的な宣伝はせず、宣伝は公式サイトがメインとされていた。2009年「株式会社レノ」の所属レーベルになる。

月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス)2010年8月号からコミカライズ連載された。

2018年5月27日 本編全7巻再版と新規録り下ろしの計12枚のドラマCDを収録した「停電少女と羽蟲のオーケストラ 愛蔵盤」の一般発売が決定した事が発表された。

目次

物語編集

人間が瞳から光(=視力)を失った世界。人間は光を灯す存在「蛍」と出会い、支えあうように生きていく。

用語編集

「蛍(ほたる)」
契約を交わすことで、人間の瞳に光を与えることができる種族。本来の寿命はひと夏と短く、契約した人間の寿命を吸うことで生き永らえることが出来る。身体能力は人間より高く、特殊な気配を纏うが、見た目は人間と変わらず見分けるのは困難とされる。
「揚羽(あげは)」
蛍と契約し、瞳に光を宿した人間の総称。視力を得て「自由を掴んだ蝶々」に由来。蛍に寿命を吸われるため、契約後は約20年で命が尽きる。
「蜉蝣(かげろう)」
蛍と契約していない盲目の人間の総称。「弱々しく、闇に解けゆく儚い羽蟲」に由来。
「紡詩(つむぎうた)」
蛍が人間と契約を交わす際に紡ぐ詩。五七五七七のリズムで、一部に蛍自身の名が含まれている。
「義眼(ぎがん)」
蛍と契約をしなくても(=寿命を吸われなくても)、視力を少し回復させることができる。別名、「硝子玉」。
「珠(ぎょく)」
蛍の心臓のこと。
「停電(ていでん)」
蛍の「心の病気」とされている。停電した蛍は、人間に光を与えることができなくなり、ただ寿命だけを吸い続けることになる。
「骸蛍(むくろぼたる)」
人間の心臓を喰らうという禁忌を犯し、蛍としての本質を失った存在。骸となり、気配も失う。契約した人間から光と寿命を吸い尽くす。

登場人物編集

メインキャラクター編集

灰羽(はいばね)
声 - 櫻井孝宏
盲目の青年。抜刀術を使う。ネムと共に生きようと決めており、停電したネムの治療費を稼ぐため、灯屋に居候し運び屋として働いている。極度の方向音痴。
ネム
声 - 竹内順子
灰羽の蛍だが、停電中のため光を与えることができない。捨て子だった灰羽を育ててきた母親的存在であるが、灰羽の方が保護者としてネムを世話しているようにしか見えない。
漆黒(しっこく)
声 - 平田広明
義眼専門の医者。ネムを救おうとする灰羽に興味を持ち、運び屋として雇う。
柩(ひつぎ)
声 - 寺島拓篤
漆黒の蛍。漆黒を「お父様」と呼び慕う。感情をあまり表に出さないタイプ。灯屋の家事担当。
橘(たちばな)
声 - 下野紘
漆黒の蛍。漆黒を「お父様」と呼び慕う。人間嫌いで喧嘩っ早く、いつも灰羽に喧嘩を売っては返り討ちにあっている。

ゲストキャラクター編集

第一楽章編集

銀影(ぎんえい)
声 - 子安武人

第二楽章編集

桎(あしかせ)
声 - 関俊彦
夜白(やしろ)
声 - ゆかな

第三・四楽章編集

李朱(りしゅ)
声 - 丹下桜

第三楽章編集

橙馬(とうま)
声 - 山口勝平
鎖紺(さこん)
声 - 藤原啓治

第四楽章編集

紫音(しおん)
声 - 三石琴乃
弥緑(みろく)
声 - 中田譲治
梔(くちなし)
声 - 加瀬康之
栝(びゃくしん)
声 - 阿部敦

旋律、零。編集

緋影(ひかげ)
声 - 高乃麗
櫺(れんじ)
声 - 関智一
紅楽(くらく)
声 - 矢尾一樹

第五楽章編集

一片(ひとひら)
声 - 沢城みゆき
青明(せいめい)
声 - 三木眞一郎

真夏ノ雪虫編集

雪虫(ゆきむし)
声 - 岩田光央

最終楽章編集

世界樹(せかいじゅ)
声 - 田中敦子

陽継ノ章編集

久錆(くさび)
声 - 石田彰
斬鉄(ざんてつ)
声 - 保村真
金糸雀(かなりあ)
声 - 伊瀬茉莉也

絶華ノ章編集

メリー
声 - 大谷育江
黄々(きき)
声 - 平田真菜

停電刀匣編集

水虎(灰羽の刀)
声 - 川田妙子
雷神丸(橘の野太刀)
声 - 塩屋浩三
不知火(柩の???)
声 - 久川綾

深淵からの招待状編集

ツチクレ
声 - 草尾毅
ツクシ
声 - 佐藤聡美
トモエ
声 - 氷上恭子
ドロロ
声 - 西村ちなみ

WEBラジオ編集

公式サイト内にて配信中。原作の二宮愛がプロデューサー・構成作家を務めている。

また、携帯向けの出張版「本日ノ柩行キ」がポケット★ドラマCD、声優アニメイトにて配信されている。

停電ラジヲ編集

概要
  • 配信期間:2009年9月7日 - 2010年8月23日(全26回)
  • 配信日:隔週月曜日
  • パーソナリティ:平田広明(漆黒役)、寺島拓篤(柩役)
コーナー
  • 電子紡詩
  • 緋影流 一刀両断!
  • 俺とお前のオーケストラ
  • 停電折り紙教室(〜15回)
  • 停電粘土教室(16回)
  • 停電双六(17回〜)
ゲスト

基本的にレギュラー陣(下野紘、櫻井孝宏、竹内順子)の持ち回りとなっている。

  • 第1・2回 - 下野紘(橘役)
  • 第3・4回 - 櫻井孝宏(灰羽役)
  • 第5・6・7回 - 竹内順子(ネム役)
  • 第8・9回 - 下野紘(橘役)
第9回は寺島拓篤がゲストとなり下野紘がパーソナリティを担当
  • 第10・11回 - 櫻井孝宏(灰羽役)
  • 第12・13・14回 - 竹内順子(ネム役)
  • 第15・16回 - 山口勝平(橙馬役)
  • 第17回 - 竹内順子(ネム役)
  • 第18回 - 下野紘(橘役)
  • 第21回 - 丹下桜(李朱役)
  • 第22回 - 櫻井孝宏(灰羽役)
  • 第23回 - 加瀬康之(梔役)
  • 第24回 - 櫻井孝宏(灰羽役)
  • 第25回 - 丹下桜(李朱役)・下野紘(橘役)
  • 第26回 - 竹内順子(ネム役)

停電ラジヲ戒編集

概要
  • 配信期間:2010年10月11日 - 2012年4月2日(全37回)
  • 配信日:隔週月曜日
  • パーソナリティ:竹内順子(ネム役)、寺島拓篤(柩役)
コーナー
  • 電子紡詩・戒
  • 停電少女と虫喰い劇場
  • 愛ちゃん先生の「だってあたしがこれしたいんだもん!」
ゲスト
  • 第2回 - 高乃麗(緋影役)
  • 第3回 - 矢尾一樹(紅楽役)
  • 第5回 - 森久保祥太郎(「Are you Alice?」白ウサギ役)
  • 第6・7回 - 下野紘(橘役)
  • 第10回 - 丹下桜(李朱役)
  • 第11回 - 櫻井孝宏(灰羽役)公開録音回
  • 第17回 - 井上喜久子(藍迦役)
  • 第18回 - 丹下桜(李朱役)
  • 第19回 - 岩田光央(雪虫役)
  • 第21回 - 櫻井孝宏(灰羽役)
  • 第23回 - 櫻井孝宏(灰羽役)
  • 第27回 - 下野紘(橘役)
  • 第29回 - 丹下桜(李朱役)
  • 第32回 - 下野紘(橘役)
  • 第37回 - 平田広明(漆黒役)

関連商品編集

ドラマCD本編編集

  • 第一楽章:蛍(2009年7月24日)
  • 第二楽章:宴(2009年11月27日)
  • 第三楽章:命(2010年3月30日)
  • 第四楽章:棺(2010年6月25日)
  • 旋律、零。(2010年10月29日)
  • 第五楽章:涙(2010年12月17日)
  • 真夏ノ雪虫(2011年3月18日)
  • 最終楽章:光(2011年8月31日)
  • 停電少女と羽蟲のオーケストラ ナナツハナ全集 Box set(2011年8月31日)

スピンオフCD編集

  • 陽継ノ章(2012年4月20日)
  • 絶華ノ章(2013年3月 5日)
  • 停電刀匣(2013年8月26日)
  • 劇場版 停電少女と羽蟲のオーケストラ 深淵からの招待状(2013年9月20日)

クロスオーバーCD編集

  • IMの100まいめ。(2014年5月16日)

ワンコインCD編集

※現在は制作中止[1]

  • 虫喰和歌集:蜜蜂(2009年8月13日)
  • 虫喰和歌集:蟷螂(2009年10月30日)
  • 虫喰和歌集:蝸牛(2010年10月29日)
  • 未ダ見ヌ母ヘ(2011年6月10日)
  • 番頭茶屋計画(2011年6月26日)

ミニドラマCD編集

※本編CDやゲームの購入特典として、主にIM公式通販サイトで配布された数量限定の非売品。

  • 灯屋小噺 其之壱:火車
  • 灯屋小噺 其之弐:座敷童子
  • 灯屋小噺 其之参:人魚
  • 停電皐月晴レ
  • 一生懸命、蛍を数えてるだけの円盤。
  • 寺子屋小噺 其之壱:柩
  • 寺子屋小噺 其之弐:橘
  • 寺子屋小噺 其之参:ネム
  • 真剣に「停電少女と羽蟲のオーケストラ」の乙女ゲーム化計画について悩んでいるだけの、円盤。
  • 7つのいろは珠を集めて願いを叶えるだけの、円盤。
  • 真面目に「劇場版 停電少女と羽蟲のオーケストラ」について考えているだけの、円盤。
  • 停電した世界の中心で電波を飛ばしているだけの、円盤。
  • 虫喰和歌集:紡蟻
  • 虫喰和歌集:紅娘
  • 雨二唄エバ

音楽CD編集

  • 一輪花(「停電ラジヲ」オープニングテーマ)(2010年1月9日)
歌 - 柩(寺島拓篤)、橘(下野紘)
  • 蛍月夜(本編主題歌)(2010年3月30日)
歌 - ネム(竹内順子)
  • 閃紅(「停電ラジヲ」オープニングテーマ)(2010年8月13日)
歌 - 柩(寺島拓篤)
  • 眠リノ森(本編エンディングテーマ)/ ちっくんほたる。(2010年11月26日)
歌 - ネム(竹内順子)
  • BOBONと蛍火BONDANCE(「停電夏祭り」使用曲)(2011年7月29日)
歌 - ネム(竹内順子)
  • 恋スル蛍はいろは珠(Windows専用ソフト「停電いろは珠」主題歌)(2012年1月27日)
歌 - ネム(竹内順子)
  • LIVE CD ZIGZAG3 LIVE BANG!!(2012年3月30日)※ライブCD
  • 揚華羽(「陽継ノ章」主題歌)(2012年4月6日)
歌 - 柩(寺島拓篤)
  • 透明な、恋なんて。(2012年6月1日)
歌 - 李朱(丹下桜)
  • 花陽炎(「絶華ノ章」主題歌)(2012年11月11日)
歌- 橘(下野紘)
  • 集真愛 / 一輪花 - 散リ逝ク君ヘ。(2013年4月30日)
歌 - 柩(寺島拓篤)
  • 歌曲絵巻 花ヤ夏成リ詩、紡詩。(2013年5月17日)
  • 花、遺塵歌。 / 橘のひまわり体操(2013年8月7日)
歌- 橘(下野紘)

ラジオCD編集

  • 停電ラジヲ 万葉集 第一首(2010年2月26日)
  • 停電ラジヲ 万葉集 第二首(2010年8月18日)
  • 停電ラジヲ 万葉集 第三首(2011年3月18日)
  • 停電ラジヲ戒 万葉集 来客篇(2013年3月15日)
  • 停電ラジヲ戒 万葉集 最後の日常篇(2014年5月23日)
  • 停電ラジヲ戒 出張版(2012年「Gファンタジー」1月号付録CD収録)

イベントDVD編集

  • 停電夏祭り(2012年1月27日)
  • ZIGZAG4(2012年12月21日)※ライブDVD
  • 停電少女と羽蟲のオーケストラ ~いざ宵、オルケストラ。~(2014年5月23日)

ゲーム編集

  • Windows専用ソフト「停電いろは珠」(2012年3月16日)
  • iOS専用アプリ「停電むすコラ。 完全版」(2014年8月30日)

書籍編集

  • 停電報(2009年8月13日)
  • 停電報 通(2010年1月16日)
  • 停電報 傘・詩(2010年8月27日発売)
漫画(Gファンタジーコミックススクウェア・エニックス)、作画 - 白木苺
  • 停電少女と羽蟲のオーケストラ 1巻(2011年1月27日)
  • 停電少女と羽蟲のオーケストラ 2巻(2011年7月27日)
  • 停電少女と羽蟲のオーケストラ 3巻(2012年4月27日)
  • 停電少女と羽蟲のオーケストラ 4巻(2012年12月27日)
小説(一迅社、著 - 諸口正巳、イラスト - 片桐いくみ
  • 停電少女と羽蟲のオーケストラ 行ノ刻(2014年1月25日)
  • 停電少女と羽蟲のオーケストラ 路ノ刻(2014年6月25日)
  • 停電少女と羽蟲のオーケストラ 羽ノ刻(2016年6月15日)
    • 第3巻については、諸口が2014年3月31日に原稿を送り[2]、付属の品のドラマCDは2014年中に納品済みであるにも関わらず[3]、長期間、未刊行のままであった。一迅社側からは、2016年2月4日になって謝罪文が公式サイトに掲載され[4]、その後発売された[5]

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 【弊社の著作物に関するお願い】”. 公式サイト. レノ. 2012年11月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月28日閲覧。
  2. ^ モロクっち(@m_molockchi)の2016年2月2日のツイート
  3. ^ IM HappinessParty!!(@IM_10th)の2016年2月2日のツイート
  4. ^ 『停電少女と羽蟲のオーケストラ』ノベル3巻のお詫びとお知らせ - 一迅社 ノベル編集部、2016年2月4日、同年2月5日閲覧。
  5. ^ 停電少女と羽蟲のオーケストラ 羽ノ刻 - 一迅社 既刊検索、2016年6月15日閲覧。

外部リンク編集