メインメニューを開く

健康管理士一般指導員(けんこうかんりしいっぱんしどういん)は、日本成人病予防協会が主催する民間資格である。

健康管理士一般指導員
略称 健康管理士
実施国 日本の旗 日本
資格種類 民間資格[1]
分野 健康医療
認定団体 特定非営利活動法人日本成人病予防協会
後援 1992年平成4年
認定開始年月日 2015年平成27年
公式サイト http://www.healthcare.or.jp/
特記事項 健康管理能力検定1級合格者は、当資格を自動的に取得できる。
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

概要編集

生活習慣病疾病老化に伴う生活困難などを日常生活の管理することで、これらの予防改善する指導員を認定する。予防医学に基づき、健康科学を幅広く学習し、得た知識によって生活習慣に対する助言を行う。

この資格は医療従事者の一種だが[要出典]診察処方箋の発行、調剤などは行うことが出来ない。

認定後は1年毎の資格更新が必要。また、資格保有者は地域毎にある健康管理士会に所属する。

2015年より、健康管理能力検定1級(文部科学省後援)の合格者は、当資格を自動的に取得することが可能になった。

受験資格編集

いずれかを満たす者

  1. 短大専門学校などの指定校の所定のカリキュラムを受講
  2. 指定された通信講座の受講

検定実施日編集

試験会場編集

  • 全国主要都市(認定試験日程発表時に告知)

脚注編集

  1. ^ 公的資格とする場合もある。

関連項目編集

外部リンク編集