健隈照命
時代 古墳時代
生誕 不明
死没 不明
別名 建隈照命、八重隈根命、武水上命
官位 洲羽国造科野国造兼任
氏族 諏訪氏(洲羽国造)
父母 父:武国津見命、一説:大神、兼足彦命
兄弟 一説:八重隈根命
健甕富命
武水隈命武背男命、養子:諸日別命、一説:弟足男命
テンプレートを表示

健隈照命(たけくまてるのみこと、生没年不詳)とは、古墳時代豪族洲羽国造の一人。建隈照命とも。

概要編集

別名に八重隈根命(やえくまねのみこと)や[1]武水上命(たけみなかみのみこと)があるとされる[2]。一方、八重隈根命と健隈根命の兄弟としたり、大神の子[3]武美名別命の孫[4]に位置づける系図もあり、その位置づけは系図によって一定しない。また、兄武彦命の子で健国津見命の別名とする伝承も存在するが、同系図では健国津見命の別名を訂正して、兄武彦命との間に挿入している[5]

『修補諏訪氏系図.正編』によると、科野国造健甕富命の女を妻としたが、健甕富命が夭折し、その子である諸日別命はまだ幼く国造職を継ぐことができなかったとされる。その際に茨木国造の祖・許々意命が代わりに科野国造を務めたが、悪政によって民衆の心が離反したため、健隈照命が朝廷に訴えてこれを放逐し、代わって洲羽国造と科野国造を兼任したとされる。

なお長野県茅野市仲町にある「信濃国諏訪郡大塚之碑」には、塚原里にある大塚は五百足(金刺舎人麻背)とその妻兄弟部の子の親子の古墳であるとする伝承を記すが、同碑は何によってか五百足を出速雄命の十八世孫・健隈照命の子としている。

系譜編集

『神氏系図』には伊豆早雄命の十八世孫・武国津見命の子とされる。健甕富命の娘を娶って武水隈命武背男命の兄弟を生んでおり、武背男命の後裔に洲羽君守矢祝がいる。

なお系図史料によって祖神建御名方神から健隈照命までの中間世代を長大に記すものが多いが、『古代氏族系譜集成』では他氏族の系図との比較検討から、『百家系図稿』所載の「阿蘇」系図や『諏訪史料叢書』所載の「諏訪下社大祝武居系図略」の注記にある「建御名方命五世孫会知早雄命」の記述を妥当とし、会知早雄命の孫・兄武彦命の実名を武国津見命であると見ており[6]、これに従えば健隈照命は伊豆早雄命の八世孫となる。

脚注編集

  1. ^ 「神氏」『諸系譜』第六冊
  2. ^ 延川和彦著、「諏訪氏系図」『修補諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、25頁。
  3. ^ 「神氏」『諸系譜』第二十八冊
  4. ^ 延川和彦著、「諏訪氏系図」『修補諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、24頁。
  5. ^ 「神氏」『諸系譜』第六冊
  6. ^ 宝賀寿男「第2章 皇族系氏族 第1節多氏族 12神人部直、神人部宿祢」『古代氏族系譜集成』上巻、古代氏族研究会、1986年。

関連項目編集