偰 眉寿(せつ びじゅ、1359年 - 1415年)は、ウイグル族出身の高麗文官慶州偰氏の始祖偰文質の孫である偰遜の五男。高麗の恭愍王時代に文科に及第、李氏朝鮮時代に礼曹判書まで登りつめた[1]。長兄は恭愍王11年に文科に及第、判三司事を務めた偰長寿[2]。兄の偰慶寿も、恭愍王の時代に文科に及第した[3]。甥(偰慶寿の子)の偰循は、李氏朝鮮の太宗の時代に文科に及第し、世宗の時代に集賢殿副提学を務めた[4]

偰眉寿
各種表記
ハングル 설 미수
漢字 偰 眉壽
日本語読み: せつ びじゅ
テンプレートを表示

家族編集

脚注編集

参考文献編集

  • 岸本美緒宮嶋博史『明清と李朝の時代 「世界の歴史12」』中央公論社、1998年。ISBN 978-4124034127