メインメニューを開く

偽れる盛装』(いつわれるせいそう)は、1951年(昭和26年)1月13日公開の日本映画である。大映製作・配給。監督は吉村公三郎、脚本は新藤兼人、主演は京マチ子モノクロスタンダード、102分。

偽れる盛装
監督 吉村公三郎
脚本 新藤兼人
製作 亀田耕司
出演者 京マチ子
藤田泰子
小林桂樹
河津清三郎
音楽 伊福部昭
主題歌 池真理子「祇園ブギ」
久保幸江「加茂川夜曲」
撮影 中井朝一
編集 西田重雄
製作会社 大映京都撮影所
配給 大映
公開 日本の旗 1951年1月13日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

松竹を辞めて近代映画協会を設立した吉村と新藤が大映で製作した作品で、新藤の師である溝口健二の戦前期の代表作『祇園の姉妹』のオマージュとして脚本を執筆した[1]。第25回キネマ旬報ベスト・テン第3位。1964年(昭和39年)に『肉体の盛装』の題名でリメイクされた。

スタッフ編集

キャスト編集

製作編集

本作はもともと『肉体の盛装』の題名で、吉村公三郎新藤兼人松竹に在籍していた時に企画された。2人は宮川町の花街で入念な聞き取り調査を行って構想を練り[2]1948年(昭和23年)11月にシナリオが完成した[3]。当時、吉村と新藤はコンビで『安城家の舞踏会』『わが生涯のかがやける日』などの作品を作っていたが、1949年(昭和24年)に『森の石松』『真昼の円舞曲』『春雪』が興行的に失敗したため、次回作として用意していた『肉体の盛装』の製作を拒否され、会社から2人のコンビ解消を迫られた[4][5][6]。そのため2人は1950年(昭和25年)3月に松竹を退社し、同月中に絲屋寿雄殿山泰司山田典吾近代映画協会を設立した[7]

『肉体の盛装』は、近代映画協会の第1回作品として大映に企画を持ち込み、製作担当重役の川口松太郎に監督込みでシナリオを売り込むが、川口に「駄目だね。今時芸者ものなんてはやらんよ」と、にべもない返事で断られてしまった[8][9]。続いて第三次東宝争議が終結したばかりの東宝と提携して製作し、山田五十鈴(君蝶役)、藤田泰子(妙子役)、志村喬(伊勢浜役)、森雅之(孝次役)の配役で、砧撮影所にセットを2杯作り、京都でロケを行うが、撮影の途中で労組員の大量解雇が発生し、ストライキのためスタッフの大半が京都から引き揚げてしまったため、製作は中止となった[5][10][11][12]。次に企画は東横映画に持ち込むが、マキノ光雄の「うちのカラーには合わない」という意見で陽の目を見なかった[5]

時期を同じくして、大映では黒澤明監督の『羅生門』の撮影が遅々として進まず、プログラムの穴埋めのために作品を撮ってほしいと近代映画協会に依頼した[9]。吉村と新藤は『肉体の盛装』の映画化と、松竹時代から新藤の初監督作品として熱望していた『愛妻物語』の企画を実現することを交換条件として承諾し、穴埋め用の『戦火の果て』(新藤のシナリオ『黒い花』の映画化)をワンセットと1か月の撮影期間で製作した後、松山英夫企画部長の手を介して、川口の渡米中を狙って本作の撮影が行われた[4][5][13]

『肉体の盛装』は『偽れる盛装』に改題され、主演者も山田五十鈴から京マチ子に変更し、9月から10月ごろに撮影が行われた。そして本作は翌1951年(昭和26年)1月13日に大映の正月映画第2弾として封切られた[14]。作品は興行的にも批評的にも成功し、これを契機に大映は近代映画協会と製作に関する提携契約を結んだ[4]

受賞歴編集

リメイク編集

肉体の盛装
監督 村山新治
脚本 新藤兼人
原作 新藤兼人
出演者 佐久間良子
江原真二郎
藤純子
音楽 池野成
撮影 坪井誠
製作会社 東映東京撮影所
配給 東映
公開   1964年11月21日
上映時間 87分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

肉体の盛装』(にくたいのせいそう)は、1964年(昭和39年)11月21日公開の日本映画である。監督は村山新治、主演は佐久間良子カラーシネマスコープ、87分。

スタッフ編集

キャスト編集

テレビドラマ化編集

1962年(昭和37年)3月13日フジテレビの『シャープ火曜劇場』枠(20:00-21:00)にて放送された。

キャスト
フジテレビ シャープ火曜劇場
前番組 番組名 次番組
偽れる盛装

脚注編集

  1. ^ 偽れる盛装allcinema、2015年3月7日閲覧
  2. ^ 偽れる盛装東京国立近代美術館フィルムセンター、2015年3月7日閲覧
  3. ^ 新藤1994、p.65
  4. ^ a b c 『占領終結前後の映画産業と大映の企業経営(下)』、立教大学
  5. ^ a b c d 白井1996、p.79
  6. ^ 吉村1998、p.61
  7. ^ 田中1980、p.358
  8. ^ 吉村1998、p.64
  9. ^ a b 吉村1985、p.323
  10. ^ 新藤1994、p.72
  11. ^ 吉村1998、p.66
  12. ^ 偽れる盛装日本大百科全書コトバンク、2015年3月8日閲覧
  13. ^ 吉村1998、p.69
  14. ^ 『日本映画監督全集』、キネマ旬報社、1976年、p.214
  15. ^ 日本映画技術賞 受賞者一覧、日本映画テレビ技術協会、2015年3月8日閲覧

参考文献編集

  • 田中純一郎日本映画発達史Ⅲ 戦後映画の解放中央公論社、1980年。
  • 吉村公三郎『キネマの時代 監督修業物語』共同通信社、1985年。ISBN 476410167X
  • 新藤兼人『新藤兼人の足跡5 闘い』岩波書店、1994年。ISBN 400003765X
  • 白井佳夫『黒白映像 日本映画礼讃』文藝春秋、1996年。ISBN 4163511008
  • 吉村公三郎『映画のいのち 伝記・吉村公三郎』大空社、1998年。ISBN 4756805140

外部リンク編集