メインメニューを開く

偽装の女』(ぎそうのおんな、原題・英語: Quality Street)は、1936年に撮影され[1]、翌1937年に完成・公開されたアメリカ合衆国の映画である。ジェームス・マシュー・バリーの戯曲『クオリティ通り』の映画化であり、ジョージ・スティーヴンスが監督、キャサリン・ヘプバーンフランチョット・トーンなどが出演した。

偽装の女
Quality Street
Quality Street lobby card 1937.JPG
監督 ジョージ・スティーヴンス
脚本 アラン・スコット
モーティマー・オフナー
原作 ジェームス・マシュー・バリー『クオリティ通り』
製作 パンドロ・S・バーマン
出演者 キャサリン・ヘプバーン
フランチョット・トーン
音楽 ロイ・ウェッブ
撮影 ロバート・デ・グラス
編集 ヘンリー・バーマン
製作会社 RKO
配給 RKO
公開 アメリカ合衆国の旗 1937年3月26日
大日本帝国の旗 1937年6月
上映時間 83分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

1927年にはシドニー・フランクリン監督、マリオン・デイヴィス主演で映画化されている。(邦題『クォリティ街』)

目次

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:ジョージ・スティーヴンス
  • 製作:パンドロ・S・バーマン
  • 脚本:アラン・スコット、モーティマー・オフナー
  • 音楽:ロイ・ウェッブ
  • 撮影:ロバート・デ・グラス
  • 編集:ヘンリー・バーマン
  • 美術:ホープ・アーウィン
  • 衣裳:ウォルター・プランケット
  • 録音:ジョージ・D・エリス

アカデミー賞ノミネーション編集

編集

外部リンク編集