メインメニューを開く

傾城阿波鳴門(けいせいあわのなると)は近松半二他合作の浄瑠璃

徳島藩(阿波藩)のお家騒動を題材にした十段の時代物1768年(明和5年)に大坂竹本座で初演。八段目「十郎兵衛内の段」の口(前半)が「巡礼歌の段」として上演されることが多い。

「巡礼歌の段」中で巡礼娘お鶴が語る「ととさんの名は十郎兵衛、かかさんはお弓と申します」の台詞が知られる。傾城阿波の鳴門とも書かれる。

「巡礼歌の段」の場所編集

「巡礼歌の段」の登場人物編集

  • お弓:十郎兵衛の妻
  • お鶴:巡礼娘

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 現在の大阪府大阪市中央区森ノ宮中央二丁目に設定されている。

出典編集

参考文献編集

  • 2016年「うめだ文楽」パンフレット

関連項目編集

外部リンク編集