僕のボーガス』(ぼくのぼーがす、Bogus)は、1996年アメリカ合衆国で制作されたヒューマンファンタジー映画

僕のボーガス
Bogus
監督 ノーマン・ジュイソン
脚本 アルヴィン・サージェント
原案 ジェフ・ロスバーグ
フランシス・エックス・マッカーシー
製作 ノーマン・ジュイソン
アーノン・ミルチャン
ジェフ・ロスバーグ
製作総指揮 マイケル・ネイサンソン
出演者 ウーピー・ゴールドバーグ
ジェラール・ドパルデュー
ハーレイ・ジョエル・オスメント
音楽 ケン・アダム
マーク・シャイマン
撮影 デヴィッド・ワトキン
編集 スティーヴン・E・リフキン
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年9月6日
日本の旗 1997年1月25日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $4,357,406[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

サーカス一座の踊り子の一人息子、アルバートは母やサーカスの仲間の中で愛されて育ったが。突然の交通事故によって母を失ってしまう。一座の中でも親代わりが出来る相手もいなく、団員たちは母と同じ里親のもとで育ったキャリアウーマン・ハリエットに懇願したうえで引き取られる事となる。大切な一座の仲間たちとも離れ、初めて孤独を感じたアルバートは移動中の飛行機の中で落書きをしていたところ、自分の書いた顔が突然話しかけて、飛び出してくる。それはアルバートの孤独と母を亡くした悲しみから姿を現したイマジナリーフレンドの「ボーガス」だった。ボーガスが現れた事によりアルバートの孤独が多少和らいだが、ハリエットと出会うと、案の定仕事が多忙な為、アルバートにそっけない態度でギクシャクする。ハリエットも不器用ながら必死にアルバートに心を開こうとするが気持ちのすれ違いから、アルバートはボーガスしか唯一心が開ける相手がいなくなる。ボーガスはアルバートを見守りながらもハリエットと仲良くなるように助言をするが、今の生活が耐えられなくなり、ボーガスの忠告を無視してある日元いたサーカス団へ戻った。だが、そこにはもう居場所がなく、アルバートは正気を失い空想の世界に閉じこもってしまった。途方に暮れるハリエットのもとにボーガスが助けを求めてきた。ボーガスとハリエットは会話を重ねるうちに、アルバートがハリエットにとって大切な存在であることがわかってきた。ハリエットとアルバートが互いを理解したとき、ボーガスはアルバートのもとを離れ、また新たな孤独に苦しんでいる誰かを救いに去っていく。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

スタッフ編集

備考編集

DVD編集

  • 現在、DVD発売の予定はなくVHSLDともに廃盤となっている。

参考文献編集

  1. ^ Bogus”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年2月1日閲覧。

外部リンク編集