メインメニューを開く

億男

億男』(おくおとこ)は、映画プロデューサー小説家川村元気による長編小説。雑誌『BRUTUS』(マガジンハウス)での連載を経て、2014年10月15日にマガジンハウスより刊行された。2015年(第12回)本屋大賞第10位入賞作[1]2018年には56万部を突破し、小野大輔主演・ナレーションによる「オーディオブック付き スペシャル・エディション」が限定発売された。

億男
著者 川村元気
発行日 2014年10月15日
発行元 マガジンハウス
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 248
公式サイト books.bunshun.jp
コード ISBN 978-4-8387-2714-8
ISBN 978-4-16-791026-6文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

2018年にそれを原作とした映画が公開された[1]

目次

あらすじ編集

弟の借金の肩代わりをしたことで、妻とは別居し家族がバラバラになってしまった一男は、借金返済のために昼は図書館司書、夜はパン工場で掛け持ちで働いている。ある日、一男は3億円の宝くじが当選し億万長者となり、借金返済に夢膨らますが、ネットを覗くと大金を手にした人の悲劇ばかりが目につく。不安に駆られた一男は、大富豪となった学生時代の友人、九十九のもとを訪ねる。15年ぶりの親友との再会に一男はすっかり酒に酔ってしまう。しかし、酔いつぶれた一男が目を覚ますと九十九は3億円とともに姿を消していた。一男は九十九の行方を追いながら、大金をめぐり家族や友情のあり方を探していく。

登場人物編集

書籍情報編集

映画編集

億男
MILLION DOLLAR MAN
監督 大友啓史
脚本 渡部辰城
大友啓史
原作 川村元気「億男」
製作 佐藤善宏
守屋圭一郎
製作総指揮 山内章弘
出演者 佐藤健
高橋一生
黒木華
池田エライザ
沢尻エリカ
北村一輝
藤原竜也
音楽 佐藤直紀
主題歌 BUMP OF CHICKEN話がしたいよ
撮影 山本英夫J.S.C.
編集 早野亮
制作会社 東宝映画
製作会社 映画「億男」製作委員会
配給 東宝
公開 2018年10月19日
製作国  
言語 日本語
テンプレートを表示

大友啓史監督により映画化され、2018年10月19日に公開[1]。主演は原作者、川村元気の小説デビュー作を映画化した『世界から猫が消えたなら』にも主演した佐藤健[2][3]

キャスト編集

大倉一男
演 - 佐藤健
図書館の司書
失踪した兄の借金を返済するため、パン工場で夜中まで働く二重生活を送っている。
古河九十九
演 - 高橋一生
一男の大学時代の親友。吃音者
大学中退後「バイカム」を起業し大成功。巨万の富を得る。落語『芝浜』が得意。
大倉万左子
演 - 黒木華
一男の妻。借金返済しか頭にない一男に愛想を尽かし別居、現在は娘・まどかとアパートで二人暮らし。
あきら
演 - 池田エライザ
金持ちを「億男」、そうでない人を「雑魚」と分別するパーティー好き港区女子。本名を含め、謎に包まれている。
安田十和子
演 - 沢尻エリカ
元「バイカム」広報IR担当。
実質九十九の秘書を務めていた。若くして10億を手に入れるも、今は専業主婦という怪しい美人。
百瀬栄一
演 - 北村一輝
元「バイカム」CTO(最高技術責任者)のスーパーエンジニア。
現在は3つの会社を経営する億万長者で、競馬場のVIPルームで億の金を転がす。あきらとも親しげな関西弁を操る怪しい男。
千住清人
演 - 藤原竜也
「バイカム」CFO(最高財務責任者)。
現在は「夢実現セミナー」を主宰するマネーアドバイザー。「ミリオネアニューワールド」の教祖も務める怪しい男。

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集