メインメニューを開く

億首川(おくくびがわ)は、沖縄本島中部を流れる全長8.0kmの二級河川)[1]国頭郡恩納村を源流とし、金武町太平洋に注いでいる[1]。流域面積は16.4平方キロである[1]

金武ダム編集

当河川唯一のダムとして金武ダムがある。このダムは同じ名称で、新旧2つのダムが建設された。

旧・金武ダム
1961年に、アメリカ陸軍工兵隊によって建設された[1][2]。2011年5月31日付で用途廃止[1]
新・金武ダム
旧ダムの下流に新たに1993年に着工された[1][2]。当時は「億首ダム」の名称で、2011年4月に運用を開始[2]。2014年2月に金武ダムに改称された[2]

交わる道路編集

 沖縄自動車道が、金武ダムの上を通る。国道329号が、下流域で交わる。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 億首川水系河川整備計画 (PDF) - 沖縄県庁(2014年1月)
  2. ^ a b c d 金武ダム - 内閣府沖縄総合事務局 北部ダム統合管理事務所