メインメニューを開く
ヒルギ科マングローブ)は熱帯の塩性の沼沢地の優占種である。

優占種(ゆうせんしゅ、英語: dominant species)は、生物群集において競合する他のよりも個体数の多い、またはより大きなバイオマスを形成する分類群。生物群集を代表し、その特徴を決定付ける種である[1][2]

脚注編集

  1. ^ デジタル大辞泉. “ゆうせんしゅ【優占種】の意味”. 国語辞書 - goo辞書. 2016年1月1日閲覧。
  2. ^ 環境省. “環境用語集【優占種】”. 環境job.net. 2016年1月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集