メインメニューを開く

允常(いんじょう)は、春秋時代の君主。

允常
王朝
在位期間 ? - 前496年
都城 会稽
生年 不詳
没年 前496年
夫譚

允常は越侯夫譚の子として生まれた。領土を拡大し、王と称した。『春秋』では子爵とされ、「於越」と号している[1]。越王允常は民の男女に山に入らせて葛を採らせ、黄絲布を作って王に献上した[2]

目次

呉との抗争編集

紀元前510年、呉が越に侵攻した[3]

紀元前505年、呉王闔閭に侵攻している隙に、越の允常は呉に侵攻した[4]

紀元前496年、允常は死去した。太子勾践が父の後を嗣いで越王として即位した。允常の喪中の隙を狙って、呉王闔閭は越に攻め寄せた(欈李の戦い[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 史記正義』越王句践世家所引『輿地志
  2. ^ 芸文類聚』布帛部所引『呉越春秋
  3. ^ 春秋左氏伝』昭公32年
  4. ^ 『春秋左氏伝』定公5年
  5. ^ 『春秋左氏伝』定公14年および『史記』越王句践世家

参考文献編集

  • 史記』越王句践世家

関連項目編集