本来の表記は「元悰」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

元 悰(げん そう、生年不詳 - 542年)は、北魏東魏皇族。西河文靖王。は魏慶。

経歴編集

西河王元昴(元太興の子)の子として生まれた。西河王の封を嗣いだ。はじめ中書侍郎となり、武衛将軍・滎陽郡太守に転じた。後に安西将軍・北華州刺史に任じられた。侍中衛将軍・金紫光禄大夫の位を受け、驃騎大将軍に進んだ。司州牧となった。535年天平2年)1月、太尉となった。録尚書事を加えられた。536年(天平3年)4月、また司州牧となった。後に青州刺史として出向した。542年興和4年)11月20日、青州で死去した。仮黄鉞・太傅司徒公・驃騎大将軍・定州刺史の位を追贈された。は文靖といった。

伝記資料編集

  • 魏書』巻19上 列伝第7上
  • 北史』巻17 列伝第5
  • 元悰墓誌